Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
時刻


不動産賃貸売買情報!
若松不動産商事
動物ブログ
☆ ブログ ~亀バカ日誌~

にほんブログ村
寄ったついでにクリックしてね!
おすすめ映画
BlogPeople
寄ったついでにクリックして下さい!

Category
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
クライムサスペンス映画『ウインド・リバー』
0

     

    ネイティブアメリカンが追いやられた先住民保留地で起こった事件を描いた、クライムサスペンス映画『ウインド・リバー』を観てみました。

     

    テイラー・シェリダンの初監督作品となった本作は、第70回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で監督賞を受賞です。

     

     

     

    <あらすじ>

     

    アメリカ、ワイオミング州。先住民族が住む深い雪に囲まれたウインド・リバーで、地元のベテランハンターであるコリー・ランバート(ジェレミー・レナー)が女性の遺体を発見する。FBIの新人捜査官ジェーン・バナー(エリザベス・オルセン)が派遣され、1人で捜査を開始するが雪山の厳しい自然環境や不安定な気候で難航する。ジェーンは、ウインド・リバー一帯に詳しいランバートの手を借りて調べを進めていく。

    <シネマトゥデイ>

     

     

     

    ウインド・リバー 2017年製作 アメリカ映画

     

     監督 テイラー・シェリダン

     

     出演 ジェレミー・レナー(地元のハンター)

     

        エリザベス・オルセン(FBI女性捜査官)

     

        ジョン・バーンサル(亡きナタリーの恋人)

     

        グラハム・グリーン(部族警察官)

     

        ギル・バーミンガム(亡きナタリーの父親)
     

     

    感想です。

     

    事件を淡々と追っていく過程が描かれるわけですが、過剰になり過ぎずに削ぎ落とし、コンパクトに纏められていたと思います。

     

    ただもう少しネイティブの人たちの姿や心情が描かれていても良かったかな、という気もしますが、でも満足満足でした。

     

    それにしても僅かな年金と引き換えに、こんな辺境の地に追いやるとは、白人も如何なものか.....

     

    寒い日に見ましたので、一層寒々としました。

     

    最後は目には目をでしたね。

     

     

     

    今回は5点満点で3.5点でした。

     

     

     

    寄ったついでにクリックしてね!
    にほんブログ村

    BlogPeople
    BlogPeople

    posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 12:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    ヨーロッパ映画『女は二度決断する』
    0

       

      ドイツ製作の映画『女は二度決断する』を鑑賞しました。

       

      主演のダイアン・クルーガーはこの作品で第70回カンヌ国際映画祭で主演女優賞受賞しました。

       

       

      <あらすじ>

       

      ドイツ、ハンブルグ。トルコ移民のヌーリと結婚したカティヤは幸せな家庭を築いていたが、ある日、白昼に起こった爆発事件に巻き込まれ、ヌーリと息子のロッコが犠牲になってしまう。警察は当初、トルコ人同士の抗争を疑っていたが、やがて人種差別主義者のドイツ人によるテロであることが判明。愛する家族を奪われたカティヤは、憎しみと絶望を抱えてさまようが.....

      <映画.com>

       

       

       

      女は二度決断する 2017年製作 ドイツ映画

       

       監督 ファティ・アキン

       

       出演 ダイアン・クルーガー(カティヤ)

       

          デニス・モシット(弁護士 ダニーロ)

       

          ヨハネス・クリシュ(弁護士 ハーバーベック)

       

          サミア・シャンクラン(友人 ビルギット)
       

       

      感想です。

       

      二度決断していましたね。

      自殺をとどまり裁判に臨む、そして裁判に頼らず自ら決着する。

       

      前半はゆったりとした感じですが、中盤の裁判シーンからラストにかけてグイグイと動き出します。

       

      ネオナチがトルコ系移民を狙ったテロ事件ですが、容疑者がネオナチに傾倒して行く様が、もう少し描かれていればよかったような気もします。

       

      作品としては可もなく不可もなくで、何かドキュメンタリー番組を見たような感じでした。

       

       

       

      今回は5点満点で3.4点でした。

       

       

       

      寄ったついでにクリックしてね!
      にほんブログ村

      BlogPeople
      BlogPeople

      posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 17:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      名優フィリップ・シーモア・ホフマンの遺作『誰よりも狙われた男』
      0

         

        名優フィリップ・シーモア・ホフマンの最後の主演作となった映画、スパイ小説のジョン・ル・カレの原作を映画化した作品『誰よりも狙われた男』の鑑賞です。

         

         

        <あらすじ>

         

        ドイツ、ハンブルクの諜報機関でテロ対策チームを率いるバッハマンは、密入国した青年イッサに目をつける。イスラム過激派として国際指名手配されているイッサは、人権団体の女性弁護士アナベルを仲介してイギリス人銀行家ブルーと接触。ブルーが経営する銀行に、とある秘密口座が存在しているという。ドイツ諜報界やCIAがイッサ逮捕に向けて動きだすなか、バッハマンはイッサをわざと泳がせることで、テロへの資金援助に関わる大物を狙うが.....

         

        <映画.com>

         

         

        誰よりも狙われた男 2013年製作 アメリカ・イギリス・ドイツ合作

         

         監督 アントン・コービン

         

         出演 フィリップ・シーモア・ホフマン(諜報員)

         

            レイチェル・マクアダムス(女性弁護士)

         

            ウィレム・デフォー(銀行家)

         

            グレゴリー・ドブリギン(青年イッサ)
         

         

        感想です。

         

        原作者のジョン・ル・カレはイギリスの情報機関MI6に所属していたと言う事で、映画化された今回の作品も地味で重苦しい感じの出来でした。でもこれがホンマモンなんでしょうね。

         

        以前見たスパイ映画『裏切りのサーカス』のように相関関係がややこしいと言うことはなく、さらりと見させていただきました。

         

          ラストでは、せっかく内偵していたその苦労も水の泡にされたバッハマンの悔しさが、ひしひしと伝わってきました。

         

         

        それにしても今は亡き主演のフィリップ・シーモア・ホフマンのタバコを吸うシーンの多いい事、本人の希望なのか演出なのか、どうなんでしょうね。

         

         

        今回は5点満点で3.3点でした。

         

         

         

        寄ったついでにクリックしてね!
        にほんブログ村

        BlogPeople
        BlogPeople

        posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 17:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |