Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
時刻


にほんブログ村
寄ったついでにクリックしてね!
おすすめ映画
BlogPeople
寄ったついでにクリックして下さい!

Category
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
映画『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』
0

     

    ベトナム戦争に関する最高機密文書を明らかにすべく奔走したジャーナリストを描いたスピルバーグ監督の作品『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』の鑑賞です。

     

    メリル・ストリープとトム・ハンクスの共演によるドラマはいかがなものでしょうか。

     

     

    <あらすじ>

     

    ベトナム戦争の最中だった1971年、アメリカでは反戦運動が盛り上がりを見せていた。そんな中、「The New York Times」が政府の極秘文書“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在を暴く。ライバル紙である「The Washington Post」のキャサリン(メリル・ストリープ)と部下のベン(トム・ハンクス)らも、報道の自由を求めて立ち上がり.....

    <シネマトゥデイ>

     

     

     

    ペンタゴン・ペーパーズ 2017年製作 アメリカ映画

     

     監督 スティーブン・スピルバーグ

     

     出演 メリル・ストリープ(新聞発行人 キャサリン)

     

        トム・ハンクス(編集主幹 ベン)

     

        サラ・ポールソン(ベンの妻)

     

        ボブ・オデンカーク(記者)

     

        トレーシー・レッツ(取締役) 
     

     

    感想です。

     

    前回見た「運び屋」のイーストウッド監督同様、スピルバーグ監督作品も安心して見れます。メリル・ストリープとトム・ハンクスの演技も安心して見れますしね。

     

    オーソドックスな社会派ドラマですが、最後まで飽きさせずに見せてくれるのは、さすが監督の力量です。

     

    ただ、メリル・ストリープ演じるキャサリンと亡夫との関わりが描かれていると、もっとドラマに入り込めたのではないかと、思ったりもしますけど、まあ良しといたします。

     

     

    スピルバーグ監督に敬意を払い、今回は5点満点で3.8点でした。

     

     

    寄ったついでにクリックしてね!
    にほんブログ村

    BlogPeople
    BlogPeople

    posted by: ぴーちゃん | 映画 ヒューマンドラマ | 16:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.waka-e.com/trackback/375
    トラックバック