Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
時刻


にほんブログ村
寄ったついでにクリックしてね!
おすすめ映画
BlogPeople
寄ったついでにクリックして下さい!

Category
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
インド分離独立を描いた映画『英国総督 最後の家』
0

    1947年にインド・パキスタン分離独立を迎える人達の人間模様を描いた作品『英国総督 最後の家』の鑑賞です。

     

    パキスタンでは上映禁止となったそうです。

     

     

    <あらすじ>

     

    英国からの独立が決まった、1947年のインド。英国の総督に任命されて主権譲渡の準備を進めるマウントバッテン卿(ヒュー・ボネヴィル)と、その妻エドウィナ(ジリアン・アンダーソン)と娘が新しい住まいにやってくる。その屋敷は、およそ500人もの使用人がいて、大広間と迎賓室が各3部屋、食堂は10部屋、映写室完備という大邸宅だった。そこで統一インドかパキスタン分離かの激しい議論が繰り返される中、インド人スタッフのジートと秘書のアーリアは惹かれ合っていた。

    <シネマトゥデイ>

     

     

     

    英国総督 最後の家 2017年製作 イギリス映画

     

     監督 グリンダ・チャーダ

     

     出演 ヒュー・ボネヴィル(総督)

     

        ジリアン・アンダーソン(総督の妻)

     

        マニシュ・ダヤル(官邸使用人 ジート)

     

        フマー・クレイシー(官邸秘書 アーリア)
     

     

    感想です。

     

    歴史ドラマだと長尺になりそうですが、今回の作品は106分の上映時間でコンパクトに纏まっていました。少しサラッとした感じはありますが、まあ良かったと思います。

     

    贅沢を言えば総督の苦悩(あったかどうか)や分離独立に翻弄された人たちを、もう少し掘り下げて描いて頂ければと思ったりもします。それでも歴史の勉強にもなりましたので、良しとしましょう。

     

    自身の祖父母が分離独立に影響を受けたと言う、インド系移民の女性監督グリンダ・チャーダの今後の作品にも期待してみます。

     

     

    今回は5点満点で3.6点でした。

     

     

     

    寄ったついでにクリックしてね!
    にほんブログ村

    BlogPeople
    BlogPeople

    posted by: ぴーちゃん | 映画 ヒューマンドラマ | 11:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.waka-e.com/trackback/367
    トラックバック