Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
時刻


にほんブログ村
寄ったついでにクリックしてね!
おすすめ映画
BlogPeople
寄ったついでにクリックして下さい!

Category
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
クライムサスペンス映画『ウインド・リバー』
0

     

    ネイティブアメリカンが追いやられた先住民保留地で起こった事件を描いた、クライムサスペンス映画『ウインド・リバー』を観てみました。

     

    テイラー・シェリダンの初監督作品となった本作は、第70回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で監督賞を受賞です。

     

     

     

    <あらすじ>

     

    アメリカ、ワイオミング州。先住民族が住む深い雪に囲まれたウインド・リバーで、地元のベテランハンターであるコリー・ランバート(ジェレミー・レナー)が女性の遺体を発見する。FBIの新人捜査官ジェーン・バナー(エリザベス・オルセン)が派遣され、1人で捜査を開始するが雪山の厳しい自然環境や不安定な気候で難航する。ジェーンは、ウインド・リバー一帯に詳しいランバートの手を借りて調べを進めていく。

    <シネマトゥデイ>

     

     

     

    ウインド・リバー 2017年製作 アメリカ映画

     

     監督 テイラー・シェリダン

     

     出演 ジェレミー・レナー(地元のハンター)

     

        エリザベス・オルセン(FBI女性捜査官)

     

        ジョン・バーンサル(亡きナタリーの恋人)

     

        グラハム・グリーン(部族警察官)

     

        ギル・バーミンガム(亡きナタリーの父親)
     

     

    感想です。

     

    事件を淡々と追っていく過程が描かれるわけですが、過剰になり過ぎずに削ぎ落とし、コンパクトに纏められていたと思います。

     

    ただもう少しネイティブの人たちの姿や心情が描かれていても良かったかな、という気もしますが、でも満足満足でした。

     

    それにしても僅かな年金と引き換えに、こんな辺境の地に追いやるとは、白人も如何なものか.....

     

    寒い日に見ましたので、一層寒々としました。

     

    最後は目には目をでしたね。

     

     

     

    今回は5点満点で3.5点でした。

     

     

     

    寄ったついでにクリックしてね!
    にほんブログ村

    BlogPeople
    BlogPeople

    posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 12:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.waka-e.com/trackback/346
    トラックバック