Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
時刻


にほんブログ村
寄ったついでにクリックしてね!
おすすめ映画
BlogPeople
寄ったついでにクリックして下さい!

Category
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
名優フィリップ・シーモア・ホフマンの遺作『誰よりも狙われた男』
0

     

    名優フィリップ・シーモア・ホフマンの最後の主演作となった映画、スパイ小説のジョン・ル・カレの原作を映画化した作品『誰よりも狙われた男』の鑑賞です。

     

     

    <あらすじ>

     

    ドイツ、ハンブルクの諜報機関でテロ対策チームを率いるバッハマンは、密入国した青年イッサに目をつける。イスラム過激派として国際指名手配されているイッサは、人権団体の女性弁護士アナベルを仲介してイギリス人銀行家ブルーと接触。ブルーが経営する銀行に、とある秘密口座が存在しているという。ドイツ諜報界やCIAがイッサ逮捕に向けて動きだすなか、バッハマンはイッサをわざと泳がせることで、テロへの資金援助に関わる大物を狙うが.....

     

    <映画.com>

     

     

    誰よりも狙われた男 2013年製作 アメリカ・イギリス・ドイツ合作

     

     監督 アントン・コービン

     

     出演 フィリップ・シーモア・ホフマン(諜報員)

     

        レイチェル・マクアダムス(女性弁護士)

     

        ウィレム・デフォー(銀行家)

     

        グレゴリー・ドブリギン(青年イッサ)
     

     

    感想です。

     

    原作者のジョン・ル・カレはイギリスの情報機関MI6に所属していたと言う事で、映画化された今回の作品も地味で重苦しい感じの出来でした。でもこれがホンマモンなんでしょうね。

     

    以前見たスパイ映画『裏切りのサーカス』のように相関関係がややこしいと言うことはなく、さらりと見させていただきました。

     

      ラストでは、せっかく内偵していたその苦労も水の泡にされたバッハマンの悔しさが、ひしひしと伝わってきました。

     

     

    それにしても今は亡き主演のフィリップ・シーモア・ホフマンのタバコを吸うシーンの多いい事、本人の希望なのか演出なのか、どうなんでしょうね。

     

     

    今回は5点満点で3.3点でした。

     

     

     

    寄ったついでにクリックしてね!
    にほんブログ村

    BlogPeople
    BlogPeople

    posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 17:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.waka-e.com/trackback/344
    トラックバック