Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
時刻


不動産賃貸売買情報!
若松不動産商事
動物ブログ
☆ ブログ ~亀バカ日誌~

にほんブログ村
寄ったついでにクリックしてね!
おすすめ映画
BlogPeople
寄ったついでにクリックして下さい!

Category
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
日本映画『去年の冬、きみと別れ』
0

     

    前回に引き続き今回も日本映画を観てみました。

     

    芥川賞作家、中村文則の小説を映画化した作品『去年の冬、きみと別れ』の鑑賞です。

     

     

    <あらすじ>

     

    松田百合子(山本美月)と婚約しているルポライター耶雲恭介(岩田剛典)は、猟奇殺人事件の容疑者である天才カメラマン木原坂雄大(斎藤工)のスクープを狙っている。この事件は世間を大きく騒がせたが、真相はわかっていなかった。耶雲は事件を解明しようと奔走するが、百合子が木原坂の標的になり.....

    <シネマトゥデイ>

     

     

     

    去年の冬、きみと別れ 2018年製作 日本映画

     

     監督 瀧本智行

     

     出演 岩田剛典(ルポライター耶雲)

     

        山本美月(婚約者)

     

        斎藤工(カメラマン木原坂)

     

        浅見れいな(木原坂の姉)
     

    感想です。

     

    「この罠にハマる。」なんて言うキャッチコーピーでしたが、罠にはハマりませんでしたね。

     

    物語の途中で事件の背景や繋がりが分かりましたので、罠にハマる事無く、無事鑑賞です。

     

    原作と映画とは異なる点が多々あるみたいで、小説だとまた違った感じになるのかもしれませんね。

     

    叙述的な小説を映画化するのは映像表現の壁を乗り越えないといけないので、設定変更とかで難しくなるのでしょうね。

     

    それでも映画自体は最後まで一気に見れますので、良かったと思います。

     

     

    今回は5点満点で3.4点でした。

     

     

     

    寄ったついでにクリックしてね!
    にほんブログ村

    BlogPeople
    BlogPeople

    posted by: ぴーちゃん | 日本映画 | 12:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.waka-e.com/trackback/342
    トラックバック