Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
時刻


不動産賃貸売買情報!
若松不動産商事
仲介手数料最大無料!
仲介手数料最大無料
ぴーさんの部屋紹介
大田区の賃貸マンション
動物ブログ
☆ ブログ ~亀バカ日誌~

にほんブログ村
寄ったついでにクリックしてね!
おすすめ映画
BlogPeople
寄ったついでにクリックして下さい!

Category
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
映画『ユージュアル・ネイバー』
0

     

    DVDのジャケットがミステリアスな感じだったので借りてみました。映画『ユージュアル・ネイバー』の鑑賞です。

     

     

    <あらすじ>

     

    両親を亡くし、祖父母の家に引き取られた少女メリアン。転校先の学校に馴染めず孤独な日々を送っていた彼女は、近所の家に住む車椅子の少年アンディと親しくなる。しかし医者であるアンディの母キャサリンは、なぜかメリアンの存在を快く思っていない様子。やがてメリアンは、彼らに関する驚きの事実にたどり着く。

     

    <映画.com>

     

     

    ユージュアル・ネイバー 2013年製作 アメリカ映画

     

     監督 ジョン・マクノートン

     

     出演 サマンサ・モートン(アンディの母)

     

        マイケル・シャノン(アンディの父)

     

        チャーリー・ターハン(少年アンディ)

     

        ナターシャ・カリス(少女メリアン)

     

        ピーター・フォンダ(メリアンの祖父)
     

     

    感想です。

     

    監督が「ワイルドシングス」のジョン・マクノートンでしたので、二転三転とめまぐるしい展開になると思いきや、想定内の展開に収まってしまいました。

     

    母親の歪んだ愛情が狂気に走ります。

    また母親役のサマンサ・モートンのヒステリックな演技がこの狂気に拍車をかけます。びっくり

     

    父親の方は淡々と妻に従いますが、陰で浮気なんぞしてしまいます。

     

    前半がヒューマンドラマのノリなので、あれ〜と言う感じで退屈してしまいましたが、後半に母親の態度が一変してからは勢いが出てきます。

     

    真実に迫る過程がもっとミステリアスで、真実が分かった後の展開にもっとインパクトがあれば良かったのにね。

     

    ラストはめでたし、めだたしで締めくくりです。

     

    懐かしいピーター・フォンダが祖父役で出演していました。おじいちゃんになってもカッコイイです。

     

     

    今回は5点満点で3.2点でした。

     

     

     

    寄ったついでにクリックしてね!
    にほんブログ村

    BlogPeople
    BlogPeople

    posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 17:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.waka-e.com/trackback/324
    トラックバック