Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
時刻


不動産賃貸売買情報!
若松不動産商事
仲介手数料最大無料!
仲介手数料最大無料
ぴーさんの部屋紹介
大田区の賃貸マンション
動物ブログ
☆ ブログ ~亀バカ日誌~

にほんブログ村
寄ったついでにクリックしてね!
おすすめ映画
BlogPeople
寄ったついでにクリックして下さい!

Category
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
映画『シークレット・デイ』
0

     

    ローラ・リップマンのベストセラー小説「あの日、少女たちは赤ん坊を殺した」を映画化した『シークレット・デイ』の鑑賞です。

     

    小説がベストセラーでも期待はずれは結構ありますが、この作品はいかがでしょうか.....

     

     

    <あらすじ>

     

    少女ロニーとアリスは乳母車に置き去りにされた赤ん坊を保護しようとするが、その後赤ん坊は遺体となって発見され、彼女たちは少年院に送られる。

     

    7年後、二人が出所した後に再び幼児が何者かに連れ去られる事件が起こり、刑事ナンシー(エリザベス・バンクス)はロニー(ダコタ・ファニング)とアリス(ダニエル・マクドナルド)を疑う。

    <シネマトゥデイ>

     

     

     

    シークレット・デイ 2014年製作 アメリカ映画

     

     監督 エイミー・バーグ

     

     出演 ダイアン・レイン(アリスの母)

     

        エリザベス・バンクス(刑事ナンシー)

     

        ダコタ・ファニング(ロニー)

     

        ダニエル・マクドナルド(アリス)
     

     

    感想です。

     

    後味の悪いイラつく内容ですね。

     

    アリスとアリスの母にダメだしです。

     

    最後に何かヒネリがあるのかな〜と引っ張っていきますが、特にどうという事もないです。

     

    少女ロニーをもっと掘り下げて描いていれば、見方も少し変わったかもしれないのに、残念です。

     

    脚本がイマイチと言う事ですかね。

     

    ベストセラーとなった小説はどんな感じなのでしょうか。

     

     

    最後に、ダイアン・レインは懐かしかったですね。

     

     

     

    今回は5点満点で3.2点でした。

     

     

     

     

    寄ったついでにクリックしてね!
    にほんブログ村

    BlogPeople
    BlogPeople

    posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 10:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.waka-e.com/trackback/320
    トラックバック