Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
時刻


不動産賃貸売買情報!
若松不動産商事
仲介手数料最大無料!
仲介手数料最大無料
ぴーさんの部屋紹介
大田区の賃貸マンション
動物ブログ
☆ ブログ ~亀バカ日誌~

にほんブログ村
寄ったついでにクリックしてね!
おすすめ映画
BlogPeople
寄ったついでにクリックして下さい!

Category
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
映画『ジェーン・ドウの解剖』
0

     

    DVDのジャケットとタイトルに惹かれて観てみました『ジェーン・ドウの解剖』の鑑賞です。ジェーン・ドウとは身元不明の女性のことだそうです。

     

    どんな恐怖が待ち受けているのでしょうか.....

     

     

    <あらすじ>

     

    とある一家が無残にも殺害された家の地下で身元不明の女性の変死体が見つかり、検死することになったトミー(ブライアン・コックス)と息子オースティン(エミール・ハーシュ)。

     

    死因を調べるため解剖を進めるにつれ、驚くべき事実が次々と明らかになる。やがて、親子に不可解な現象が襲い掛かり....

     

    <シネマトゥデイ>

     

     

     

    ジェーン・ドウの解剖 2016年製作 イギリス映画

     

     監督 アンドレ・ウーブレダル

     

     出演 エミール・ハーシュ(オースティン)

     

        ブライアン・コックス(トミー)

     

        オフィリア・ラビボンド(エマ)

     

        オルウェン・ケリー(ジェーン・ドウ)
     

    感想です。

     

    「ジェーン・ドウの解剖」と言うタイトルだけに結構リアルな解剖シーンがあります。

    外見が綺麗すぎる死体を解剖すると、常識では考えられない様な骨や臓器の異常な状態、そして奇妙な現象が2人を襲っていきます。びっくり

     

    これで掴みは OK

     

    死体が何を語っていくのか、興味をそそられながら引き込まれていきます。

    86分と短いこともあってか、一気にラストまで突き進みます。

     

    でも途中で気づいてしまいました。死体が何を語っているのか。

     

    前半から中盤までは良かったのですが、終盤にかけて少し息切れしたのかな.....

     

    発想が面白いだけに、今一歩、脚本と演出に頑張ってもらいたかったですね。

     

     

    今回は5点満点で3.4点でした。

     

     

     

    寄ったついでにクリックしてね!
    にほんブログ村

    BlogPeople
    BlogPeople

    posted by: ぴーちゃん | 映画 スリラー・ホラー | 14:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.waka-e.com/trackback/313
    トラックバック