Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
時刻


不動産賃貸売買情報!
若松不動産商事
仲介手数料最大無料!
仲介手数料最大無料
ぴーさんの部屋紹介
大田区の賃貸マンション
動物ブログ
☆ ブログ ~亀バカ日誌~

にほんブログ村
寄ったついでにクリックしてね!
おすすめ映画
BlogPeople
寄ったついでにクリックして下さい!

Category
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
映画:ホテル・ルワンダ
0

    1994年、アフリカのルワンダで勃発した民族紛争による大量虐殺の中、1200名以上の人々を自分の働くホテルに匿ったホテルマンの実話を基にした映画『ホテル・ルワンダ』を鑑賞しました。


    <あらすじ>

    1994年、ルワンダで多数派のフツ族が少数派のツチ族を一斉に襲撃し始める。ベルギー系の高級ホテルで働く有能な支配人ポールは、自身はフツ族だったものの、妻がツチ族だったことから、ひとまずホテルに避難する。
    やがて、さながら難民キャンプと化したホテルを守るため、ポールの孤独な闘いが始まる....
    <TSUTAYA>



    ホテルルワンダ 2004年製作 南アフリカ・英・伊

      監督 テリー・ジョージ

      出演 ドン・チードル(ホテルのマネージャー)

         ソフィー・オコネドー(支配人の妻)

         ニック・ノルティー(オリバー大佐)

         ホアキン・フェニックス(カメラマン)
    (C)KIGALI RELERSING LIMITED 2004


    こうゆう映画を観ていると、つくづく日本で良かったと思います。生きるか死ぬかが、背中あわせの生活なんて、想像もできません。

    まだまだこのような紛争地域は多くあるわけで、国連もなかなか機能しないのが、現状だと思います。

    この映画のホテルマン(主人公)は生き抜くために、コツコツと人脈を作ります。家族・従業員・弱い人々たちを守ります。そして、奔走します。

    ところが、人々の命よりも政治が優先してしまう国連が不甲斐ないのです。ショック

    映画の中では残虐なシーンは抑えてありますが、それでもひしひしと伝わってきます。緊張感あるそんなシーンや言葉が...

    この映画を観ていて、カンボジアの内乱を舞台とした映画『キリング・フィールド』を思い起こしました。

    未鑑賞の方は観てはいかがでしょうか。
     
    posted by: ぴーちゃん | 映画 ヒューマンドラマ | 14:21 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    ihuruさんコメントありがとうございます。
    | ぴーちゃん | 2014/09/20 4:40 PM |
    最近ではガザのニュースを見て思いますが、本当に日本で生まれて良かったと思ってしまいますね。
    この映画は史実を伝えつつも、サスペンス的な映画としても一級品だと思います。

    レビューに共感したのでコメントさせていただきました♪
    | ihuru | 2014/09/19 7:42 PM |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.waka-e.com/trackback/135
    トラックバック