Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
時刻


不動産賃貸売買情報!
若松不動産商事
動物ブログ
☆ ブログ ~亀バカ日誌~

にほんブログ村
寄ったついでにクリックしてね!
おすすめ映画
BlogPeople
寄ったついでにクリックして下さい!

Category
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
クライムサスペンス映画『ウインド・リバー』
0

     

    ネイティブアメリカンが追いやられた先住民保留地で起こった事件を描いた、クライムサスペンス映画『ウインド・リバー』を観てみました。

     

    テイラー・シェリダンの初監督作品となった本作は、第70回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で監督賞を受賞です。

     

     

     

    <あらすじ>

     

    アメリカ、ワイオミング州。先住民族が住む深い雪に囲まれたウインド・リバーで、地元のベテランハンターであるコリー・ランバート(ジェレミー・レナー)が女性の遺体を発見する。FBIの新人捜査官ジェーン・バナー(エリザベス・オルセン)が派遣され、1人で捜査を開始するが雪山の厳しい自然環境や不安定な気候で難航する。ジェーンは、ウインド・リバー一帯に詳しいランバートの手を借りて調べを進めていく。

    <シネマトゥデイ>

     

     

     

    ウインド・リバー 2017年製作 アメリカ映画

     

     監督 テイラー・シェリダン

     

     出演 ジェレミー・レナー(地元のハンター)

     

        エリザベス・オルセン(FBI女性捜査官)

     

        ジョン・バーンサル(亡きナタリーの恋人)

     

        グラハム・グリーン(部族警察官)

     

        ギル・バーミンガム(亡きナタリーの父親)
     

     

    感想です。

     

    事件を淡々と追っていく過程が描かれるわけですが、過剰になり過ぎずに削ぎ落とし、コンパクトに纏められていたと思います。

     

    ただもう少しネイティブの人たちの姿や心情が描かれていても良かったかな、という気もしますが、でも満足満足でした。

     

    それにしても僅かな年金と引き換えに、こんな辺境の地に追いやるとは、白人も如何なものか.....

     

    寒い日に見ましたので、一層寒々としました。

     

    最後は目には目をでしたね。

     

     

     

    今回は5点満点で3.5点でした。

     

     

     

    寄ったついでにクリックしてね!
    にほんブログ村

    BlogPeople
    BlogPeople

    posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 12:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    ヨーロッパ映画『女は二度決断する』
    0

       

      ドイツ製作の映画『女は二度決断する』を鑑賞しました。

       

      主演のダイアン・クルーガーはこの作品で第70回カンヌ国際映画祭で主演女優賞受賞しました。

       

       

      <あらすじ>

       

      ドイツ、ハンブルグ。トルコ移民のヌーリと結婚したカティヤは幸せな家庭を築いていたが、ある日、白昼に起こった爆発事件に巻き込まれ、ヌーリと息子のロッコが犠牲になってしまう。警察は当初、トルコ人同士の抗争を疑っていたが、やがて人種差別主義者のドイツ人によるテロであることが判明。愛する家族を奪われたカティヤは、憎しみと絶望を抱えてさまようが.....

      <映画.com>

       

       

       

      女は二度決断する 2017年製作 ドイツ映画

       

       監督 ファティ・アキン

       

       出演 ダイアン・クルーガー(カティヤ)

       

          デニス・モシット(弁護士 ダニーロ)

       

          ヨハネス・クリシュ(弁護士 ハーバーベック)

       

          サミア・シャンクラン(友人 ビルギット)
       

       

      感想です。

       

      二度決断していましたね。

      自殺をとどまり裁判に臨む、そして裁判に頼らず自ら決着する。

       

      前半はゆったりとした感じですが、中盤の裁判シーンからラストにかけてグイグイと動き出します。

       

      ネオナチがトルコ系移民を狙ったテロ事件ですが、容疑者がネオナチに傾倒して行く様が、もう少し描かれていればよかったような気もします。

       

      作品としては可もなく不可もなくで、何かドキュメンタリー番組を見たような感じでした。

       

       

       

      今回は5点満点で3.4点でした。

       

       

       

      寄ったついでにクリックしてね!
      にほんブログ村

      BlogPeople
      BlogPeople

      posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 17:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      名優フィリップ・シーモア・ホフマンの遺作『誰よりも狙われた男』
      0

         

        名優フィリップ・シーモア・ホフマンの最後の主演作となった映画、スパイ小説のジョン・ル・カレの原作を映画化した作品『誰よりも狙われた男』の鑑賞です。

         

         

        <あらすじ>

         

        ドイツ、ハンブルクの諜報機関でテロ対策チームを率いるバッハマンは、密入国した青年イッサに目をつける。イスラム過激派として国際指名手配されているイッサは、人権団体の女性弁護士アナベルを仲介してイギリス人銀行家ブルーと接触。ブルーが経営する銀行に、とある秘密口座が存在しているという。ドイツ諜報界やCIAがイッサ逮捕に向けて動きだすなか、バッハマンはイッサをわざと泳がせることで、テロへの資金援助に関わる大物を狙うが.....

         

        <映画.com>

         

         

        誰よりも狙われた男 2013年製作 アメリカ・イギリス・ドイツ合作

         

         監督 アントン・コービン

         

         出演 フィリップ・シーモア・ホフマン(諜報員)

         

            レイチェル・マクアダムス(女性弁護士)

         

            ウィレム・デフォー(銀行家)

         

            グレゴリー・ドブリギン(青年イッサ)
         

         

        感想です。

         

        原作者のジョン・ル・カレはイギリスの情報機関MI6に所属していたと言う事で、映画化された今回の作品も地味で重苦しい感じの出来でした。でもこれがホンマモンなんでしょうね。

         

        以前見たスパイ映画『裏切りのサーカス』のように相関関係がややこしいと言うことはなく、さらりと見させていただきました。

         

          ラストでは、せっかく内偵していたその苦労も水の泡にされたバッハマンの悔しさが、ひしひしと伝わってきました。

         

         

        それにしても今は亡き主演のフィリップ・シーモア・ホフマンのタバコを吸うシーンの多いい事、本人の希望なのか演出なのか、どうなんでしょうね。

         

         

        今回は5点満点で3.3点でした。

         

         

         

        寄ったついでにクリックしてね!
        にほんブログ村

        BlogPeople
        BlogPeople

        posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 17:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        S・キング原作ミステリー映画『黙秘』
        0

           

          S・キングの原作を映画化したミステリー作品『黙秘』を観てみました。キャシー・ベイツ主演の24年前の作品になります。

           

           

          <あらすじ>

           

          アメリカ・メイン州の小さな島にある、富豪未亡人の邸。そこで郵便配達人が見たものは、血だらけで横たわる女主人の頭上に、のし棒を手に呆然と立ち尽くす家政婦ドロレスの姿だった……。無実を主張しながらも、事件の詳細には黙秘を通すドロレス。彼女には20年前、夫殺しの容疑で不起訴になった過去があった。数年ぶりに帰郷した娘セリーナにも堅く口を閉ざすドロレス。その全ての真相は、20年前の日食の日に隠されていた.....

          <allcinema>

           

           

           

          黙秘 1995年製作 アメリカ映画

           

           監督 テイラー・ハックフォード

           

           出演 キャシー・ベイツ(家政婦ドロレス)

           

              ジェニファー・ジェイソン・リー(娘セリーナ)

           

              ジュディ・パーフィット(富豪婦人ヴェラ)

           

              クリストファー・プラマー(マッケイ警部)
           

           

          感想です。

           

          母と娘の心情を中心に描かれるヒューマンドラマにサスペンス要素を絡めたお話しで、役者の力量でグイグイ引っ張っていきます。

           

          「愛と青春の旅立ち」「Ray/レイ」のテイラー・ハックフォード監督がS・キングの原作をそつなくまとめ上げた感じです。

           

          娘を思う母は強しです。

           

          サスペンスに関してはどんでん返しがあるわけではなく、予想の範囲内ですが、ただそれを期待する作品ではないので、これで良しです。

           

           

          今回は5点満点で3.6点でした。

           

           

           

          寄ったついでにクリックしてね!
          にほんブログ村

          BlogPeople
          BlogPeople

          posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 13:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          「はやぶさ2」がタッチダウン・映画は『シドニー・ホールの失踪』
          0

             

            2月22日の朝、小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウへのタッチダウン(接地)に成功したとのニュースが入りました。

            打ち上げから4年数か月の時を経ての快挙です。失踪しないでよかった。

             

             

            こちらは失踪してしまった映画『シドニー・ホールの失踪』の鑑賞です。シドニー・ホールはなぜ失踪してしまったのか、どんな結末へと展開していくのか、しかと見てみます。

             

             

            <あらすじ>

             

            シドニー・ホールは高校時代に執筆した小説が思わぬヒットを飛ばし、戸惑いながらも人気作家の仲間入りを果たす。しかし賛否両論を呼んだその内容は、読者のみならずシドニー自身の人生も狂わせていき、やがて彼は失踪してしまう。5年後、アメリカ各地の書店でシドニーの著作が燃やされる連続放火事件が発生し.....

             

            <映画.com>

             

             

            シドニー・ホール 2017年製作 アメリカ映画

             

             監督 ショーン・クリステンセン

             

             出演 ローガン・ラーマン(シドニー)

                

                エル・ファニング(恋人のメロディ)

             

                ミッシェル・モナハン(シドニーの母)

             

                カイル・チャンドラー(刑事?)
             

            感想です。

             

            シドニーの高校時代、作家時代、失踪後と時間軸を行ったり来たりで謎を紐解いて行き、悲しく切ないエピソードが背後にと言う感じです。

             

            ま〜可もなく不可もなくといった感じですが、もっと掘り下げて描いてもらったほうが良かったような気もします。

             

            それでもプチに引き込まれましたので、良かったかな。

             

             

            今回は5点満点で3.5点でした。

             

             

             

            寄ったついでにクリックしてね!
            にほんブログ村

            BlogPeople
            BlogPeople

            posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 10:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            映画『アンロック/陰謀のコード』
            0

               

              映画「ミレニアム」3部作でヒロイン役を演じたノオミ・ラパスが、CIAの尋問官を演じた『アンロック/陰謀のコード』の鑑賞です。

               

              裏切り者は誰か、この目でしかと見届けます。

               

               

               

              <あらすじ>

              CIAの尋問のスペシャリストだったアリス・ラシーンは、ある受刑者を「完落ち」に追い込めず多数のテロ犠牲者を出してしまったことをきっかけに前線から退き、ケースワーカーとしてロンドンで穏やかな生活を送っていた。そんなある日、バイオテロ計画の情報を握る容疑者が逮捕され、アリスは尋問官としてCIAに呼び戻される。絶妙な尋問で容疑者を完落ちさせるアリスだったが、かつての同僚からの連絡で、CIAを装った偽捜査官たちの罠だったと気づく。CIA内部に裏切り者がいることを知った彼女は、テロを阻止するべく孤独な戦いに身を投じるが....

              <映画.com>

               

               

               

              アンロック 2017年製作 イギリス映画

               

               監督 マイケル・アプテッド

               

               出演 ノオミ・ラパス(尋問官アリス)

               

                  オーランド・ブルーム(元海兵隊ジャック)

               

                  マイケル・ダグラス(元上司エリック)

               

                  トニ・コレット(M15諜報員エミリー)
               

              感想です。

               

              早い展開のストーリーで二転三転しますが、細部に脇の甘さが目立ちます。

               

              それでもサクサクと進みますので最後まで見ることはできますけど、何か印象が薄い感じがします。

               

              黒幕も予想どうりで待ち構えていました。

               

               

              以前観たノオミ・ラパス主演の『セブン・シスターズ』は結構面白かったのに、今回は残念です。

               

               

               

              今回は5点満点で3.2点です。

               

               

              寄ったついでにクリックしてね!
              にほんブログ村

              BlogPeople
              BlogPeople

              posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 14:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              映画『トレイン・ミッション』
              0

                 

                「アンノウン」「フライト・ゲーム」「ラン・オールナイト」の主演リーアム・ニーソン、監督ジャウム・コレット=セラのコンビでお贈りする作品『トレイン・ミッション』の鑑賞です。 

                 

                 

                <あらすじ>

                 

                10年間勤めてきた会社から突然、解雇を宣告された60歳の保険セールスマンのマイケルは、失意の中、いつもの電車で帰路につくが、車内で見知らぬ女性から話しかけられる。女性は、電車が終点に到着するまでの間に、100人の乗客から1人のある人物を見つけ出せば、マイケルに多額の報酬を払うという。妻が人質に取られていることが発覚し、女性からの依頼を受けざるを得なくなったマイケルは、絶体絶命の状況下で1人の人物を見つけ出そうとするが....

                 

                <映画.com>

                 

                 

                トレイン・ミッション 2018年製作 アメリカ・イギリス合作

                 

                 監督 ジャウム・コレット=セラ

                 

                 出演 リーアム・ニーソン(マイケル)

                 

                    ベラ・ファーミガ(謎の女 ジョアンナ)

                 

                    パトリック・ウィルソン(親友の警官)

                 

                 

                 

                感想です。

                 

                細かいことには目をつむりノンストップで鑑賞しましょう。

                 

                物語は意味深な展開で進んでいきますが、何だかイマイチな感じで期待していたほどではなかったので、残念です。

                 

                ま〜あ、それでもつまらないという事はないので観れますよ。

                 

                 

                今回は5点満点で3.2点でした。

                 

                 

                寄ったついでにクリックしてね!
                にほんブログ村

                BlogPeople
                BlogPeople

                posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 12:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                映画『女神の見えざる手』
                0

                   

                  ロビイストの活動を描いたサスペンス映画『女神の見えざる手』の鑑賞です。

                   

                  ”見えざる手”とは、どんな策略が潜んでいるのでしょうか。 楽しみです。

                   

                   

                   

                  <あらすじ>

                   

                  大手ロビー会社“コール=クラヴィッツ&W”で働くエリザベス・スローンは、手段を選ばない巧妙な戦略と妥協のない仕事ぶりで高く評価される花形ロビイスト。ある日、銃擁護派団体から新たな銃規制法案の成立を阻止してほしいと依頼を受けるが、これをきっぱりと断るエリザベス。その情報を聞きつけた小さな新興ロビー会社のCEO、シュミットから誘いを受けると、彼女は部下を引き連れ電撃的に移籍し、規制法成立へ向けた大胆かつ巧妙なロビー活動を開始するのだったが....

                   

                  <allcinema>

                   

                   

                   

                  女神の見えざる手 2016年製作 アメリカ・フランス

                   

                   監督 ジョン・マッデン

                   

                   出演 ジェシカ・チャステイン

                      (ロビイストのエリザベス)

                   

                      マーク・ストロング

                      (ロビー会社CEOのシュミット)

                   

                      ググ・バサ=ロー(部下のマヌチャリアン)

                   

                      アリソン・ピル(部下のジェーン)
                   

                   

                  感想です。

                   

                  結構早足な展開と喋りで、途中少し置いてけぼりを食らいましたが、後半からラストに向かい目が覚めました。

                   

                  最後はそうきたかと言う事になり、満足です。

                   

                  現実のアメリカでは政治的な絡みもあり、銃規制が進まないのはもどかしい限りですね。

                  TVドラマにして、じっくりと作ってみても良いのでは、何て思いました。
                   

                   

                  今回は5点満点で3.5点でした。

                   

                   

                  寄ったついでにクリックしてね!
                  にほんブログ村

                  BlogPeople
                  BlogPeople

                  posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 12:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  映画『ルイの9番目の人生』
                  0

                     

                    映画は見ていたものの、投稿をかなり怠けていました。 久々の投稿です。

                    ベストセラー小説を映画化した作品『ルイの9番目の人生』の鑑賞です。

                     

                     

                    <あらすじ>

                     

                    少年ルイ・ドラックスは、大変な難産の末にこの世に生を受けてから、毎年のように必ず事故にあい、そのたびに生死の境をさまよってきた。そして9歳の誕生日に崖から転落したルイは、ついに意識不明の重体になってしまう。担当医のパスカルは必死にルイを救おうとするが、両親やパスカルなど周辺の人々の身に、不可解な出来事が次々と起こり....

                     

                    <映画.com>

                     

                     

                     

                    ルイの9番目の人生 2016年製作 カナダ・イギリス映画

                     

                     監督 アレクサンドル・アジャ

                     

                     出演 ジェイミー・ドーナン(担当医)

                     

                        サラ・ガドン(ルイの母)

                     

                        エイダン・ロングワール(ルイ)

                     

                        アーロン・ポール(ルイの継父)
                     

                     

                    感想です。

                     

                    ファンタジー的な要素とサスペンスな要素を漂わせていますが、根はシリアスな問題を抱えています。

                     

                    見ていて途中でその根の部分はわかりますが、登場人物のイケメン医師は、なかなか気がつきません。気づくと進行上、都合が良くないでしょうから、目をつむりましょう。

                     

                    作品は最後まで飽きることなく見れますし、構成も良かったと思います。

                     

                     

                    今回は5点満点で3.6点でした。

                     

                     

                    寄ったついでにクリックしてね!
                    にほんブログ村

                    BlogPeople
                    BlogPeople

                    posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 12:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦
                    0

                       

                      史実を基にハイドリヒの暗殺計画を描いた作品『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』の鑑賞です。

                       

                      どのような壮絶なドラマが待ち受けているのでしょうか。

                       

                       

                      <あらすじ>

                       

                      第2次世界大戦下、ナチスの実力者ラインハルト・ハイドリヒは、“金髪の野獣”と恐れられていた。彼の暗殺を企てたイギリス政府とチェコスロバキア亡命政府の指令を受け、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)やヤン(ジェイミー・ドーナン)ら7人の暗殺部隊がチェコ領内に潜入する。現地のレジスタンスの協力を得て襲撃計画は実行されるが、ナチスは壮絶な報復に乗り出し....

                       

                      <シネマトゥデイ>

                       

                       

                      ハイドリヒを撃て 2016年製作 チェコ・イギリス・フランス合作

                       

                       監督 ショーン・エリス

                       

                       出演 キリアン・マーフィ(暗殺部隊のヨゼフ)

                       

                          ジェイミー・ドーナン(暗殺部隊のヤン)

                       

                          アンナ・ガイスレロバー(レジスタンスのレンカ)

                       

                          シャルロット・ルボン(レジスタンスのマリー)
                       

                       

                      感想です。

                       

                      生きてはチェコを脱出できないであろう暗殺計画の実行と、実行犯たちの運命は....

                       

                      予想どおり壮絶なものでした。そして彼らの強い意志をヒシヒシと感じることが出来ました。 

                       

                      作品は無駄なく上手く纏められていて、最後のシーンまで緊張感を持って見ることが出来ました。脚本が良かったと思います。

                       

                      史実とは言え、 ナチスのチェコ人へのすさまじい 報復が当然のごとく始まります。この暗殺が本当に必要だったのか、疑問も残ります。

                       

                      それにしても人間は身勝手で厄介な生き物ですね。

                       

                       

                      今回は5点満点で3.5点でした。

                       

                       

                       

                      寄ったついでにクリックしてね!
                      にほんブログ村

                      BlogPeople
                      BlogPeople

                      posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 11:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |