Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
時刻


不動産賃貸売買情報!
若松不動産商事
仲介手数料最大無料!
仲介手数料最大無料
ぴーさんの部屋紹介
大田区の賃貸マンション
動物ブログ
☆ ブログ ~亀バカ日誌~

にほんブログ村
寄ったついでにクリックしてね!
おすすめ映画
BlogPeople
寄ったついでにクリックして下さい!

Category
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
映画『ユージュアル・ネイバー』
0

     

    DVDのジャケットがミステリアスな感じだったので借りてみました。映画『ユージュアル・ネイバー』の鑑賞です。

     

     

    <あらすじ>

     

    両親を亡くし、祖父母の家に引き取られた少女メリアン。転校先の学校に馴染めず孤独な日々を送っていた彼女は、近所の家に住む車椅子の少年アンディと親しくなる。しかし医者であるアンディの母キャサリンは、なぜかメリアンの存在を快く思っていない様子。やがてメリアンは、彼らに関する驚きの事実にたどり着く。

     

    <映画.com>

     

     

    ユージュアル・ネイバー 2013年製作 アメリカ映画

     

     監督 ジョン・マクノートン

     

     出演 サマンサ・モートン(アンディの母)

     

        マイケル・シャノン(アンディの父)

     

        チャーリー・ターハン(少年アンディ)

     

        ナターシャ・カリス(少女メリアン)

     

        ピーター・フォンダ(メリアンの祖父)
     

     

    感想です。

     

    監督が「ワイルドシングス」のジョン・マクノートンでしたので、二転三転とめまぐるしい展開になると思いきや、想定内の展開に収まってしまいました。

     

    母親の歪んだ愛情が狂気に走ります。

    また母親役のサマンサ・モートンのヒステリックな演技がこの狂気に拍車をかけます。びっくり

     

    父親の方は淡々と妻に従いますが、陰で浮気なんぞしてしまいます。

     

    前半がヒューマンドラマのノリなので、あれ〜と言う感じで退屈してしまいましたが、後半に母親の態度が一変してからは勢いが出てきます。

     

    真実に迫る過程がもっとミステリアスで、真実が分かった後の展開にもっとインパクトがあれば良かったのにね。

     

    ラストはめでたし、めだたしで締めくくりです。

     

    懐かしいピーター・フォンダが祖父役で出演していました。おじいちゃんになってもカッコイイです。

     

     

    今回は5点満点で3.2点でした。

     

     

     

    寄ったついでにクリックしてね!
    にほんブログ村

    BlogPeople
    BlogPeople

    posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 17:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    映画『7WISH セブン・ウィッシュ』
    0

       

      「死霊館」シリーズの関係者でお贈りする映画『7WISH セブン・ウィッシュ』の鑑賞です。

       

      不思議なオルゴールがもたらす悲劇とは....

       

       

      <あらすじ>

       

      母親の自殺がトラウマになっているクレアは、同じクラスの人気者ダーシーにいじめられる日々を送っていた。そんなある日、クレアの父親が「7つの願い」と書かれた古いオルゴールを見つけてくる。ダーシーがSNSにクレアやクレアの父親の悪口を投稿していることを知った彼女は、怒りのあまり「ダーシーなんか腐ってしまえ!」とオルゴールに願う。すると翌朝、クレアの望みどおり、ダーシーの顔が腐りはじめてしまう。しかし、同時にクレアの愛犬が死体となって発見され.....

       

      <映画.com>

       

       

      セブン・ウィッシュ 2017年製作 アメリカ・カナダ

       

       監督 ジョン・R・レオネッティ

       

       出演 ジョーイ・キング(クレア)

       

          キー・ホン・リー(同級生のライアン)

       

          ライアン・フィリップ(クレアの父)
       

       

      感想です。

       

      何かありきたりでインパクトに欠ける内容でした。オルゴールに纏わる謎解きも、スリリングでミステリアスな感じがいまいち希薄で残念です。

       

      ラストも落ち着くところに、落ち着いたと言う所です。

       

      ファイナル・デスティネーション」や「ヘル・レイザー」のようなインパクトまでとは言いませんが、おお〜と言わせる様な演出がほしかったですね。

       

      それでも90分と短いので、サラッと最後まで見れました。

       

       

       

      今回は5点満点で3.2点でした。

       

       

       

      寄ったついでにクリックしてね!
      にほんブログ村

      BlogPeople
      BlogPeople

      posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 17:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      映画『シークレット・デイ』
      0

         

        ローラ・リップマンのベストセラー小説「あの日、少女たちは赤ん坊を殺した」を映画化した『シークレット・デイ』の鑑賞です。

         

        小説がベストセラーでも期待はずれは結構ありますが、この作品はいかがでしょうか.....

         

         

        <あらすじ>

         

        少女ロニーとアリスは乳母車に置き去りにされた赤ん坊を保護しようとするが、その後赤ん坊は遺体となって発見され、彼女たちは少年院に送られる。

         

        7年後、二人が出所した後に再び幼児が何者かに連れ去られる事件が起こり、刑事ナンシー(エリザベス・バンクス)はロニー(ダコタ・ファニング)とアリス(ダニエル・マクドナルド)を疑う。

        <シネマトゥデイ>

         

         

         

        シークレット・デイ 2014年製作 アメリカ映画

         

         監督 エイミー・バーグ

         

         出演 ダイアン・レイン(アリスの母)

         

            エリザベス・バンクス(刑事ナンシー)

         

            ダコタ・ファニング(ロニー)

         

            ダニエル・マクドナルド(アリス)
         

         

        感想です。

         

        後味の悪いイラつく内容ですね。

         

        アリスとアリスの母にダメだしです。

         

        最後に何かヒネリがあるのかな〜と引っ張っていきますが、特にどうという事もないです。

         

        少女ロニーをもっと掘り下げて描いていれば、見方も少し変わったかもしれないのに、残念です。

         

        脚本がイマイチと言う事ですかね。

         

        ベストセラーとなった小説はどんな感じなのでしょうか。

         

         

        最後に、ダイアン・レインは懐かしかったですね。

         

         

         

        今回は5点満点で3.2点でした。

         

         

         

         

        寄ったついでにクリックしてね!
        にほんブログ村

        BlogPeople
        BlogPeople

        posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 10:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        映画『ゲット・アウト』
        0

           

          アメリカでスマッシュヒットを記録し、第90回アカデミー賞では脚本賞を受賞した作品『ゲット・アウト』の鑑賞です。

           

           

          <あらすじ>

           

          ニューヨークに暮らす黒人青年のカメラマン、クリス・ワシントン。白人の恋人ローズ・アーミテージから実家に招待されるが、彼女の両親は娘の恋人が黒人であることをまだ知らず不安を隠せない。

          しかし、いざアーミテージ家に着いてみると、まったく心配ないというローズの言葉通り、家族みんなクリスを温かく歓迎してくれた。それでも、使用人として働いている黒人の姿に妙な胸騒ぎを覚えてしまうクリス。

          翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティが開かれ、多くの招待客が集まる中、白人ばかりに囲まれ居心地の悪さを感じるクリスだったが.....

           

          <allcinema>

           

           

          ゲットアウト 2017年製作 アメリカ映画

           

           監督 ジョーダン・ピール

           

           出演 ダニエル・カルーヤ(写真家クリス)

           

              アリソン・ウィリアムズ(クリスの恋人ローズ)

           

              キャサリン・キーナー(ローズの母親)

           

              ブラッドリー・ウィットフォード(ローズの父)

           

              ロッド・ウィリアムス(クリスの親友)

           

              
           

          感想です。

           

          最初から緊張感があり、最後まで楽しませていただきました。

           

          怪しさムンムンの人たち満載で、何か企んでいるオーラがビシビシ出ていましたね。

           

          なので、後半に馬脚を現してからは異常さ全開です。

           

          さあ逃げろ、そして懲らしめろ。 

           

          期待どおりの結果となり、メデタしメデタしでした。グッド

           

          いつものようにネタバレなしで、多くは語りません。

           

           

           

          今回は5点満点で3.7点でした。

           

           

           

          寄ったついでにクリックしてね!
          にほんブログ村

          BlogPeople
          BlogPeople

          posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 17:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          映画『ブラック・バタフライ』
          0

             

            今回は二本立ての鑑賞です。

             

            中年おじさん真っ盛りのアントニオ・バンデラス主演のサスペンス・スリラー、映画『ブラック・バタフライ』と、もう一本はカナダ製のサスペンス映画『サイレント・パートナー』(1978年製作 カナダ映画)です。(「サイレント・パートナー」は微妙なので、おおちゃくして、感想は1本だけです。)

             

             

            <あらすじ>

             

            愛する妻が4年前に自分のもとを去って以来、すっかりスランプに陥っていた作家のポール。ある日、ダイナーで不動産業者の女性ローラと会話中、ポールは乱暴な男から言いがかりをつけられるが、ジャックという男に急場を救われる。放浪の旅の最中というジャックに、ポールは一夜の宿を提供し、2人は次第に打ち解け合うが、やがてジャックは凶暴な本性をあらわにすると、自分たちのことを物語にして書けと、ポールを脅し始めて....

             

            <wowow>

             

             

            ブラック・バタフライ 2017年製作 アメリカ・スペイン合作

             

             監督 ブライアン・グッドマン

             

             出演 アントニオ・バンデラス(ポール)

             

                ジョナサン・リス=マイヤーズ(ジャック)

             

                パイパー・ペラーボ(ローラ)
             

            感想です。

             

            ラストがどうなるのだろうかと思わせながら引っ張って行く展開です。王道といえば王道な展開です。

             

            つまらなくはないので、最後まで見れます。

             

            待ち受けていた1度目のオチ、そして2度目のオチ。

             

            1度目はなるほど、2度目のはやってしまいましたね。 いけません。反則です....バッド

             

            それでも93分楽しめましたので、まあ〜いいかな。

             

             

            今回は5点満点で3.2点でした。

             

             

             

            寄ったついでにクリックしてね!
            にほんブログ村

            BlogPeople
            BlogPeople

            posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            映画『トラッシュ!この街が輝く日まで』
            0

               

              ブラジルを舞台にしたサスペンス・ヒューマン映画『トラッシュ!この街が輝く日まで』の鑑賞です。

               

               

              <あらすじ>

               

              ブラジルのリオデジャネイロ郊外。親からも世間からも見放された3人の少年たちがゴミ山でめぼしいものを見つけようとしていたところ、一つの財布を拾う。

               

              その財布には世界を揺るがすような秘密が隠されており、警察は総力をあげ財布を捜索。少年たちは自分たちの信じる正しい道のために、警察の執拗な追跡をくぐり抜け、財布に込められた謎を解き真実を探そうとするが....

               

              <Movie Walker>

               

               

              トラッシュ 2014年製作 イギリス・ブラジル合作

               

               監督 スティーブン・ダルドリー

               

               出演 リックソン・テベス(少年ラファエル)

               

                  エデュアルド・ルイス(少年ガルド)

               

                  ガブリエル・ウェインスタイン(少年ラット)

               

                  マーティン・シーン(神父)
               

              感想です。

               

              少年たちが謎をサクサクと解いて、なんか都合の良い展開でしたが、それでも意外とスリリングで面白かったです。

               

              結構重い作品なのかなと思っていましたが、それを感じさせない演出で、テンポ良く物語が進みます。グッド

               

              子供たちの演技も良かったですね。

               

              最後もスッキリさせていただきましたので、goodでした。拍手

               

               

               

              今回は5点満点で3.7点です。

               

               

               

              寄ったついでにクリックしてね!
              にほんブログ村

              BlogPeople
              BlogPeople

              posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 12:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              イギリス映画『切り裂き魔ゴーレム』
              0

                 

                19世紀のロンドンで起こった猟奇殺人事件を描いたイギリス映画『切り裂き魔ゴーレム』の鑑賞です。上質なミステリーに仕上がっているでしょうか。

                 

                 

                <あらすじ>

                 

                ロンドンで連続殺人事件が発生し、容疑者として4人の名前が挙がった。その中には日記に殺人の美学をつづっていた脚本家クリーもいたが、彼は既に別の事件で死亡しており、女優である妻がクリーを毒殺したとして逮捕されていた。

                 

                連続殺人事件を追う刑事キルデアは、クリーの妻の裁判の行方を見守るうちに彼女の無実を確信。彼女に言い渡された絞首刑が執行されるまでのわずかな時間で、夫殺しの真犯人と連続殺人事件の真相を追う。

                <映画.com>

                 

                 

                切り裂き魔ゴーレム 2016年製作 イギリス映画

                 

                 監督 フアン・カルロス・メディナ

                 

                 出演 ビル・ナイ(刑事キルデア)

                 

                    オリビア・クック(脚本家の妻)

                 

                    ダグラス・ブース(俳優ダン・リーノ)
                 

                感想です。

                 

                全体の雰囲気は自分好みで、なかなか良かったです。

                 

                果して猟奇殺人事件の犯人は誰で、結末はどうなるのか.... 予想通りの展開でしたけど。

                 

                それにしても犯人は結構エグイ殺し方していましたね。そこまでやるか....ですね。

                 

                そして最後の最後、刑事キルデアのとった決断は.... 当然それしかなかったと言う事でしょう。パンチ

                 

                ともあれ無難に最後まで見れる作品に仕上がっていましたので、プチ満足でした。

                 

                ネタバレなしなので、中途半端な感想です。あしからず。

                 

                 

                今回は5点満点で3.3点でした。

                 

                 

                 

                寄ったついでにクリックしてね!
                にほんブログ村

                BlogPeople
                BlogPeople

                posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                映画『ラスト・ブレス』
                0

                   

                  B級映画の雰囲気が漂う映画『ラスト・ブレス』の鑑賞です。ラスト・ブレスとはどのような意味を持っているのでしょうか....

                   

                   

                  <あらすじ>

                   

                  古代ローマ時代から言い伝えられてきた禁断の妙薬の秘密を描く。余命6ヵ月の不治の病に冒されていたスーザンは、自身が経営するアンティークショップにあった古い箱から見つけた薬により病気が完治する。だがそれ以来、幻覚を見るようになり....

                   

                  <tsutaya>

                   

                   

                  ラスト・ブレス 2011年製作 アメリカ映画

                   

                   監督 デヴィッド・A・クロス

                   

                   出演 トレイシー・ティーグ(スーザン)

                   

                      マシュー・J・ライト

                   

                      ヴィンス・ユースタス
                   

                  感想です。

                   

                  そこそこ面白かったです。話の展開も退屈させることなく進みますので、OKです。

                   

                  ラストに向かい予想外の怒涛の展開(ゾンビ映画みたい)もあり、楽しませていただきました。

                   

                  ただB級感が拭えないので、監督・出演者を代えてもっとミステリアスに仕上げたらどうなるかな? 題材が面白いので。

                   

                   

                   

                  今回は5点満点で3.3点でした。

                   

                   

                  寄ったついでにクリックしてね!
                  にほんブログ村

                  BlogPeople
                  BlogPeople

                  posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 13:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  映画『バック・イン・クライム 時空を超えた事件』
                  0

                     

                    フランス発のサスペンス映画『バック・イン・クライム』を観ました。フランスのサスペンス映画、こけずに頑張ってるかな。

                     

                     

                    <あらすじ>

                     

                    ある朝、海辺に鼓膜を破られた変死体が上がる。現場に向かったケンプ警部の脳裏に浮かんだのは、20年前の連続猟奇殺人事件だった。

                     

                    事件の捜査で、死体の発見者エレーヌと会った帰り道、ケンプ警部は何者かに橋から海へ突き落とされてしまう。そして20年前にタイムスリップしてしまったことに気づき....

                     

                     


                    バック・イン・クライム 2013年製作 フランス映画


                     監督 ジェルミナル・アルヴァレス

                     

                     出演 ジャン=ユーグ・アングラード(ケンプ警部)

                     

                        メラニー・ティエリー(精神科医のエレーヌ)

                     

                        フィリップ・ベロド 

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    感想です。

                     

                    タイムスリップ型のサスペンスを交えた、ラブロマンスなお話がそこそこ面白かったですね。

                     

                    サスペンスの方はいまいちですが、話し全体はまあまあ良かったかな。 良しとしましょう。

                     

                    細かいところは目をつむり、恋愛映画として楽しみましょう。抱擁

                     

                    そうすればgoodかもね。

                     

                     

                    今回は5点満点で3.4点でした。

                     

                     

                     

                    寄ったついでにクリックしてね!
                    にほんブログ村

                    BlogPeople
                    BlogPeople

                    posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 12:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    映画『セブン・シスターズ』
                    0

                       

                      映画「ミレニアム」シリーズのノオミ・ラパスが7つ子の姉妹を1人7役で演じた作品『セブン・シスターズ』を鑑賞しました。

                       

                       

                      <あらすじ>

                       

                      2073年、繰り返される戦争や難民問題で主要国は滅び、「ヨーロッパ連邦」が新たな超大国として君臨していた。人口過多と食糧不足から政府は厳格な一人っ子政策を発令し、2人目以降の子どもは親元から引きはがされ冷凍保存されてしまう。

                       

                      そんな世界で偶然生まれた7つ子は、週に1日ずつ外出し、共通の人格を演じることで監視の目をくらませてきたが、ある日、7人のうちの1人、マンデー(月曜日)が帰宅しなかったことから、姉妹の日常が次第に狂い始めていく。

                       

                      <映画.com>

                       

                       

                      セブン・シスターズ 2016年製作 イギリス・アメリカ・フランス

                               ベルギー合作

                       

                       監督 トミー・ウィルコラ

                       

                       出演 ノオミ・ラパス(姉妹)

                       

                          グレン・クローズ(長官)

                       

                          ウィレム・デフォー(姉妹の祖父)

                       

                          マーワン・ケンザリ(職員)
                       

                      感想です。

                       

                      設定がなかなか面白く、スリリングで話もサクサク進みます。good!

                       

                      どのような結末になるのか、マンデーはどうなったのか、興味をそそられました。

                       

                      ただ123分という制約の中では、姉妹7人をもう少し掘り下げて描くことは難しかったかな....

                       

                      それでも満足満足です。グッド

                       

                       

                      今回は5点満点で3.7でした。

                       

                       

                       

                      寄ったついでにクリックしてね!
                      にほんブログ村

                      BlogPeople
                      BlogPeople

                      posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 22:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |