Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
時刻


不動産賃貸売買情報!
若松不動産商事
仲介手数料最大無料!
仲介手数料最大無料
ぴーさんの部屋紹介
大田区の賃貸マンション
動物ブログ
☆ ブログ ~亀バカ日誌~

にほんブログ村
寄ったついでにクリックしてね!
おすすめ映画
BlogPeople
寄ったついでにクリックして下さい!

Category
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦
0

     

    史実を基にハイドリヒの暗殺計画を描いた作品『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』の鑑賞です。

     

    どのような壮絶なドラマが待ち受けているのでしょうか。

     

     

    <あらすじ>

     

    第2次世界大戦下、ナチスの実力者ラインハルト・ハイドリヒは、“金髪の野獣”と恐れられていた。彼の暗殺を企てたイギリス政府とチェコスロバキア亡命政府の指令を受け、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)やヤン(ジェイミー・ドーナン)ら7人の暗殺部隊がチェコ領内に潜入する。現地のレジスタンスの協力を得て襲撃計画は実行されるが、ナチスは壮絶な報復に乗り出し....

     

    <シネマトゥデイ>

     

     

    ハイドリヒを撃て 2016年製作 チェコ・イギリス・フランス合作

     

     監督 ショーン・エリス

     

     出演 キリアン・マーフィ(暗殺部隊のヨゼフ)

     

        ジェイミー・ドーナン(暗殺部隊のヤン)

     

        アンナ・ガイスレロバー(レジスタンスのレンカ)

     

        シャルロット・ルボン(レジスタンスのマリー)
     

     

    感想です。

     

    生きてはチェコを脱出できないであろう暗殺計画の実行と、実行犯たちの運命は....

     

    予想どおり壮絶なものでした。そして彼らの強い意志をヒシヒシと感じることが出来ました。 

     

    作品は無駄なく上手く纏められていて、最後のシーンまで緊張感を持って見ることが出来ました。脚本が良かったと思います。

     

    史実とは言え、 ナチスのチェコ人へのすさまじい 報復が当然のごとく始まります。この暗殺が本当に必要だったのか、疑問も残ります。

     

    それにしても人間は身勝手で厄介な生き物ですね。

     

     

    今回は5点満点で3.5点でした。

     

     

     

    寄ったついでにクリックしてね!
    にほんブログ村

    BlogPeople
    BlogPeople

    posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 11:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    久々のシャマラン作品、映画『スプリット』
    0

       

      久々にシャマラン監督作品を観てみました。

       

      映画『スプリット』 コケない事を期待しての鑑賞です。

       

       

      <あらすじ>

       

      女子高生3人は、友だちの誕生パーティの帰り道に見ず知らずの男に拉致監禁されてしまう。やがて鍵の掛かった薄暗い密室に閉じ込められていた3人の前に、誘拐犯が女性の格好で現われる。その後も潔癖症の青年や9歳の無邪気な少年など、現われるたびに格好ばかりか性格まで変ってしまう誘拐犯。なんと、男には23もの人格が宿っていた。そしてさらに“ビースト”と呼ばれるもっとも恐るべき24番目の人格も潜んでいたのだったが....

      <tsutaya>

       

       

       

      スプリット 2017年製作 アメリカ映画

       

       監督 M.ナイト・ジャマラン

       

       出演 ジェームズ・マカヴォイ(多重人格者)

       

          アニヤ・テイラー=ジョイ(女子高生ケイシー)

       

          ベティ・バックリー(女医)

       

          
       

       

      感想です。

       

      賛否両論の作品でしたが、私の中ではコケました。残念!

       

      中途半端で大して面白くないように感じてしまうのですが、でも最後まで見てしまいますね。

      ブルース・ウィリスも出てきましたし。

       

      期待が大きい監督だけに、評価も厳しくなるのでしょうか。いつも期待しているのに....

       

      役者に関しては、多重人格者を演じたジェームズ・マカヴォイは収穫でした。

       

      最後に、この作品の良さがわからないのは、自分の感性の問題でしょうか....

       

       

      今回は5点満点で3点でした。

       

       

       

      寄ったついでにクリックしてね!
      にほんブログ村

      BlogPeople
      BlogPeople

      posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 17:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      映画『11:14』
      0

         

        5つの出来事が絡み合うサスペンス映画『11:14』の鑑賞です。スリリングな展開となるのでしょうか?

         

        期待してみましょう。

         

         

        <あらすじ>

         

        ある晩の11時14分、国道を運転していたジャックが車に衝撃を受けて確認してみると、そこには顔の潰れた男性の死体があった。慌てて死体を隠すジャックだったが、通りがかりの女性に警察へ通報されてしまう。その少し前、友人たちとふざけながらドライブしていたティミーは、道路にいた人を轢いてしまう。そこへ見知らぬ男が現われ、車に向けて発砲。なんとか逃げ出したものの、現場に大事なものを忘れてきたことに気づく。さらにその直前、犬の散歩中に男性の死体を発見したフランクは、そのすぐ近くに娘のネームプレートが落ちていたことから娘の犯行だと思い込み、死体を隠蔽するため国道沿いの陸橋へと向かうが.....

         

        <映画.com>

         

         

         

        11:14 2003年 アメリカ映画

         

         監督 グレッグ・マルクス

         

         出演 ヒラリー・スワンク(女店員のバジー)

         

            パトリック・スウェイジ(フランク)

         

            レイチェル・リー・クック

             (フランクの娘シェリー)

         

            ヘンリー・トーマス

             (シェリーのボーイフレンド ジャック)

         

            

         

         

        感想です。

         

        なんか内田けんじ作品的な匂いプンプンで、結構面白かったです。

         

        脚本が良くできていて、低予算ながらgoodな作品に仕上がっていました。

         

        最初のシーンが最後に結びついてくる。そこに至るまでのエピソードの重なり合いも結構スリリングで良かったですね。

         

        と言う事で今回は掘り出し物の作品となり、満足満足でした。

         

         

        今回は5点満点で3.5点です。

         

         

         

        寄ったついでにクリックしてね!
        にほんブログ村

        BlogPeople
        BlogPeople

         

        posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        映画『スリー・ビルボード』
        0

           

          各映画祭で高い評価を得た作品『スリー・ビルボード』の鑑賞です。暑さと相まって重い空気が漂ってきそうですが、どんな展開となるのでしょうか。

           

           

          <あらすじ>

           

          米ミズーリ州の片田舎の町で、何者かに娘を殺された主婦のミルドレッドが、犯人を逮捕できない警察に業を煮やし、解決しない事件への抗議のために町はずれに巨大な3枚の広告看板を設置する。それを快く思わない警察や住民とミルドレッドの間には埋まらない溝が生まれ、いさかいが絶えなくなる。そして事態は思わぬ方向へと転がっていく。

          <映画.com>

           

           

          スリービルボード 2017年製作 イギリス映画

           

           監督 マーティン・マグドナー

           

           出演 フランシス・マクドーマンド(ミルドレッド)

           

              ウッディ・ハレルソン(ウィロビー署長)

           

              サム・ロックウェル(ディクソン警官)

           

              
           

           

          感想です。

           

          役者さんの演技力も手伝って、最後まで見てしまいました。と言うような感じの映画かな。

           

          スリリングではないですが、どう話が転がるかに興味を注がれる展開で引張ってくれます。

           

          退屈だと思う方もいるとは思いますが、私にはコーエン兄弟作品のような雰囲気もあり、良かったです。

           

          ラストの決着はお預けでしたけどね。

           

           

          今回は5点満点で3.7点でした。

           

           

           

          寄ったついでにクリックしてね!
          にほんブログ村

          BlogPeople
          BlogPeople

          posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 12:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          映画『ユージュアル・ネイバー』
          0

             

            DVDのジャケットがミステリアスな感じだったので借りてみました。映画『ユージュアル・ネイバー』の鑑賞です。

             

             

            <あらすじ>

             

            両親を亡くし、祖父母の家に引き取られた少女メリアン。転校先の学校に馴染めず孤独な日々を送っていた彼女は、近所の家に住む車椅子の少年アンディと親しくなる。しかし医者であるアンディの母キャサリンは、なぜかメリアンの存在を快く思っていない様子。やがてメリアンは、彼らに関する驚きの事実にたどり着く。

             

            <映画.com>

             

             

            ユージュアル・ネイバー 2013年製作 アメリカ映画

             

             監督 ジョン・マクノートン

             

             出演 サマンサ・モートン(アンディの母)

             

                マイケル・シャノン(アンディの父)

             

                チャーリー・ターハン(少年アンディ)

             

                ナターシャ・カリス(少女メリアン)

             

                ピーター・フォンダ(メリアンの祖父)
             

             

            感想です。

             

            監督が「ワイルドシングス」のジョン・マクノートンでしたので、二転三転とめまぐるしい展開になると思いきや、想定内の展開に収まってしまいました。

             

            母親の歪んだ愛情が狂気に走ります。

            また母親役のサマンサ・モートンのヒステリックな演技がこの狂気に拍車をかけます。びっくり

             

            父親の方は淡々と妻に従いますが、陰で浮気なんぞしてしまいます。

             

            前半がヒューマンドラマのノリなので、あれ〜と言う感じで退屈してしまいましたが、後半に母親の態度が一変してからは勢いが出てきます。

             

            真実に迫る過程がもっとミステリアスで、真実が分かった後の展開にもっとインパクトがあれば良かったのにね。

             

            ラストはめでたし、めだたしで締めくくりです。

             

            懐かしいピーター・フォンダが祖父役で出演していました。おじいちゃんになってもカッコイイです。

             

             

            今回は5点満点で3.2点でした。

             

             

             

            寄ったついでにクリックしてね!
            にほんブログ村

            BlogPeople
            BlogPeople

            posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 17:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            映画『7WISH セブン・ウィッシュ』
            0

               

              「死霊館」シリーズの関係者でお贈りする映画『7WISH セブン・ウィッシュ』の鑑賞です。

               

              不思議なオルゴールがもたらす悲劇とは....

               

               

              <あらすじ>

               

              母親の自殺がトラウマになっているクレアは、同じクラスの人気者ダーシーにいじめられる日々を送っていた。そんなある日、クレアの父親が「7つの願い」と書かれた古いオルゴールを見つけてくる。ダーシーがSNSにクレアやクレアの父親の悪口を投稿していることを知った彼女は、怒りのあまり「ダーシーなんか腐ってしまえ!」とオルゴールに願う。すると翌朝、クレアの望みどおり、ダーシーの顔が腐りはじめてしまう。しかし、同時にクレアの愛犬が死体となって発見され.....

               

              <映画.com>

               

               

              セブン・ウィッシュ 2017年製作 アメリカ・カナダ

               

               監督 ジョン・R・レオネッティ

               

               出演 ジョーイ・キング(クレア)

               

                  キー・ホン・リー(同級生のライアン)

               

                  ライアン・フィリップ(クレアの父)
               

               

              感想です。

               

              何かありきたりでインパクトに欠ける内容でした。オルゴールに纏わる謎解きも、スリリングでミステリアスな感じがいまいち希薄で残念です。

               

              ラストも落ち着くところに、落ち着いたと言う所です。

               

              ファイナル・デスティネーション」や「ヘル・レイザー」のようなインパクトまでとは言いませんが、おお〜と言わせる様な演出がほしかったですね。

               

              それでも90分と短いので、サラッと最後まで見れました。

               

               

               

              今回は5点満点で3.2点でした。

               

               

               

              寄ったついでにクリックしてね!
              にほんブログ村

              BlogPeople
              BlogPeople

              posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 17:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              映画『シークレット・デイ』
              0

                 

                ローラ・リップマンのベストセラー小説「あの日、少女たちは赤ん坊を殺した」を映画化した『シークレット・デイ』の鑑賞です。

                 

                小説がベストセラーでも期待はずれは結構ありますが、この作品はいかがでしょうか.....

                 

                 

                <あらすじ>

                 

                少女ロニーとアリスは乳母車に置き去りにされた赤ん坊を保護しようとするが、その後赤ん坊は遺体となって発見され、彼女たちは少年院に送られる。

                 

                7年後、二人が出所した後に再び幼児が何者かに連れ去られる事件が起こり、刑事ナンシー(エリザベス・バンクス)はロニー(ダコタ・ファニング)とアリス(ダニエル・マクドナルド)を疑う。

                <シネマトゥデイ>

                 

                 

                 

                シークレット・デイ 2014年製作 アメリカ映画

                 

                 監督 エイミー・バーグ

                 

                 出演 ダイアン・レイン(アリスの母)

                 

                    エリザベス・バンクス(刑事ナンシー)

                 

                    ダコタ・ファニング(ロニー)

                 

                    ダニエル・マクドナルド(アリス)
                 

                 

                感想です。

                 

                後味の悪いイラつく内容ですね。

                 

                アリスとアリスの母にダメだしです。

                 

                最後に何かヒネリがあるのかな〜と引っ張っていきますが、特にどうという事もないです。

                 

                少女ロニーをもっと掘り下げて描いていれば、見方も少し変わったかもしれないのに、残念です。

                 

                脚本がイマイチと言う事ですかね。

                 

                ベストセラーとなった小説はどんな感じなのでしょうか。

                 

                 

                最後に、ダイアン・レインは懐かしかったですね。

                 

                 

                 

                今回は5点満点で3.2点でした。

                 

                 

                 

                 

                寄ったついでにクリックしてね!
                にほんブログ村

                BlogPeople
                BlogPeople

                posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 10:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                映画『ゲット・アウト』
                0

                   

                  アメリカでスマッシュヒットを記録し、第90回アカデミー賞では脚本賞を受賞した作品『ゲット・アウト』の鑑賞です。

                   

                   

                  <あらすじ>

                   

                  ニューヨークに暮らす黒人青年のカメラマン、クリス・ワシントン。白人の恋人ローズ・アーミテージから実家に招待されるが、彼女の両親は娘の恋人が黒人であることをまだ知らず不安を隠せない。

                  しかし、いざアーミテージ家に着いてみると、まったく心配ないというローズの言葉通り、家族みんなクリスを温かく歓迎してくれた。それでも、使用人として働いている黒人の姿に妙な胸騒ぎを覚えてしまうクリス。

                  翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティが開かれ、多くの招待客が集まる中、白人ばかりに囲まれ居心地の悪さを感じるクリスだったが.....

                   

                  <allcinema>

                   

                   

                  ゲットアウト 2017年製作 アメリカ映画

                   

                   監督 ジョーダン・ピール

                   

                   出演 ダニエル・カルーヤ(写真家クリス)

                   

                      アリソン・ウィリアムズ(クリスの恋人ローズ)

                   

                      キャサリン・キーナー(ローズの母親)

                   

                      ブラッドリー・ウィットフォード(ローズの父)

                   

                      ロッド・ウィリアムス(クリスの親友)

                   

                      
                   

                  感想です。

                   

                  最初から緊張感があり、最後まで楽しませていただきました。

                   

                  怪しさムンムンの人たち満載で、何か企んでいるオーラがビシビシ出ていましたね。

                   

                  なので、後半に馬脚を現してからは異常さ全開です。

                   

                  さあ逃げろ、そして懲らしめろ。 

                   

                  期待どおりの結果となり、メデタしメデタしでした。グッド

                   

                  いつものようにネタバレなしで、多くは語りません。

                   

                   

                   

                  今回は5点満点で3.7点でした。

                   

                   

                   

                  寄ったついでにクリックしてね!
                  にほんブログ村

                  BlogPeople
                  BlogPeople

                  posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 17:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  映画『ブラック・バタフライ』
                  0

                     

                    今回は二本立ての鑑賞です。

                     

                    中年おじさん真っ盛りのアントニオ・バンデラス主演のサスペンス・スリラー、映画『ブラック・バタフライ』と、もう一本はカナダ製のサスペンス映画『サイレント・パートナー』(1978年製作 カナダ映画)です。(「サイレント・パートナー」は微妙なので、おおちゃくして、感想は1本だけです。)

                     

                     

                    <あらすじ>

                     

                    愛する妻が4年前に自分のもとを去って以来、すっかりスランプに陥っていた作家のポール。ある日、ダイナーで不動産業者の女性ローラと会話中、ポールは乱暴な男から言いがかりをつけられるが、ジャックという男に急場を救われる。放浪の旅の最中というジャックに、ポールは一夜の宿を提供し、2人は次第に打ち解け合うが、やがてジャックは凶暴な本性をあらわにすると、自分たちのことを物語にして書けと、ポールを脅し始めて....

                     

                    <wowow>

                     

                     

                    ブラック・バタフライ 2017年製作 アメリカ・スペイン合作

                     

                     監督 ブライアン・グッドマン

                     

                     出演 アントニオ・バンデラス(ポール)

                     

                        ジョナサン・リス=マイヤーズ(ジャック)

                     

                        パイパー・ペラーボ(ローラ)
                     

                    感想です。

                     

                    ラストがどうなるのだろうかと思わせながら引っ張って行く展開です。王道といえば王道な展開です。

                     

                    つまらなくはないので、最後まで見れます。

                     

                    待ち受けていた1度目のオチ、そして2度目のオチ。

                     

                    1度目はなるほど、2度目のはやってしまいましたね。 いけません。反則です....バッド

                     

                    それでも93分楽しめましたので、まあ〜いいかな。

                     

                     

                    今回は5点満点で3.2点でした。

                     

                     

                     

                    寄ったついでにクリックしてね!
                    にほんブログ村

                    BlogPeople
                    BlogPeople

                    posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    映画『トラッシュ!この街が輝く日まで』
                    0

                       

                      ブラジルを舞台にしたサスペンス・ヒューマン映画『トラッシュ!この街が輝く日まで』の鑑賞です。

                       

                       

                      <あらすじ>

                       

                      ブラジルのリオデジャネイロ郊外。親からも世間からも見放された3人の少年たちがゴミ山でめぼしいものを見つけようとしていたところ、一つの財布を拾う。

                       

                      その財布には世界を揺るがすような秘密が隠されており、警察は総力をあげ財布を捜索。少年たちは自分たちの信じる正しい道のために、警察の執拗な追跡をくぐり抜け、財布に込められた謎を解き真実を探そうとするが....

                       

                      <Movie Walker>

                       

                       

                      トラッシュ 2014年製作 イギリス・ブラジル合作

                       

                       監督 スティーブン・ダルドリー

                       

                       出演 リックソン・テベス(少年ラファエル)

                       

                          エデュアルド・ルイス(少年ガルド)

                       

                          ガブリエル・ウェインスタイン(少年ラット)

                       

                          マーティン・シーン(神父)
                       

                      感想です。

                       

                      少年たちが謎をサクサクと解いて、なんか都合の良い展開でしたが、それでも意外とスリリングで面白かったです。

                       

                      結構重い作品なのかなと思っていましたが、それを感じさせない演出で、テンポ良く物語が進みます。グッド

                       

                      子供たちの演技も良かったですね。

                       

                      最後もスッキリさせていただきましたので、goodでした。拍手

                       

                       

                       

                      今回は5点満点で3.7点です。

                       

                       

                       

                      寄ったついでにクリックしてね!
                      にほんブログ村

                      BlogPeople
                      BlogPeople

                      posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 12:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |