Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
時刻


不動産賃貸売買情報!
若松不動産商事
仲介手数料最大無料!
仲介手数料最大無料
ぴーさんの部屋紹介
大田区の賃貸マンション
動物ブログ
☆ ブログ ~亀バカ日誌~

にほんブログ村
寄ったついでにクリックしてね!
おすすめ映画
BlogPeople
寄ったついでにクリックして下さい!

Category
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
映画『ドクター・ストレンジ』
0

     

    ベネディクト・カンバーバッジが魔術を操る異色のヒーローを演じる『ドクター・ストレンジ』の鑑賞です。

     

    「マーベル・コミック」だけに派手なアクション満載となるのでしょうか。

     

     

    <あらすじ>

     

    ニューヨークの病院で働く天才外科医、スティーヴン・ストレンジ。ある日交通事故に遭い、両手に外科医としては致命的な負傷をしてしまう。

     

    一瞬にしてその輝かしいキャリアを失った彼は、あらゆる治療法を試し、最後にカトマンズの修行場カマー・タージに辿り着く。そこで神秘の力を操る指導者エンシェント・ワンと巡り会った彼は、未知なる世界を目の当たりにして衝撃を受け、ワンに弟子入りする。そして過酷な修行の末に魔術師として生まれ変わったストレンジ。

     

    そんな彼の前に魔術の力で世界を破滅に導こうとする闇の魔術師カエシリウスが現われ、人類の存亡をかけた戦いの渦に巻き込まれていくストレンジだったが

     

    <allcinema>

     

     

    ドクターストレンジ 2016年製作 アメリカ映画

     

     監督 スコット・デリクソン

     

     出演 ベネディクト・カンバーバッチ(ストレンジ)

     

        レイチェル・マクアダムス(恋人クリスティーン)

     

        キウェテル・イジョフォー(ワンの弟子モルド)

     

        ベネディクト・ウォン(指導者ワン)   
     

     

    感想です。

     

    仮想空間や異次元、さらに時間を操ったりとめまぐるしい展開です。この魔術ですが、大した修行でもないのになんか簡単に習得してしまった印象で、残念です。天才と思えばいいのでしょうが。パンチ

     

    でも映像は派手で面白いものがありますので、良しです。ストーリーもヒローものの王道を行き、最後まで楽しませていただきました。

     

    「マーベル・コミック」は肩ひじ張らず気軽に観れますので、ビール片手の鑑賞でした。

     

     

    今回は5点満点で3.3点でした。

     

     

     

    寄ったついでにクリックしてね!
    にほんブログ村

    BlogPeople
    BlogPeople

    posted by: ぴーちゃん | 映画 アクション | 11:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    映画『バンク ラッシュ』
    0

       

      スペインでヒットしたクライムアクション映画『バンク ラッシュ』の鑑賞です。

       

      どんなオチが待っているのか、期待してみましょう。

       

       

      <あらすじ>

       

      ある大雨の朝、武装した6人の男がバレンシアの銀行を襲撃し、30人の人質をとって立てこもった。リーダーの「ガリシア人」と「ウルグアイ人」は事前に掘った地下通路から逃げる予定だったが、大雨のせいで地下道が水没し脱出不可能となってしまう。

       

      そんな中、「ガリシア人」は、政府の存続をも左右する機密情報を収めたハードディスクが貸金庫に隠されているのを知る。事態を重く見た政府機関は、人質を犠牲にしてでもディスクを抹殺しようと動き出す。

       

      <映画.com>

       

       

      バンクラッシュ 2016年 スペイン・アルゼンチン・フランス合作

       

       監督 ダニエル・カルパルソロ

       

       出演 ルイス・トサル(強盗犯ガリシア人)

       

          ロドリゴ・デ・ラ・セルナ(強盗犯ウルグアイ人)
       

       

      感想です。

       

      ストーリー前半は期待を持たせて展開していきますが、ラストが頂けません、なんの捻りもなくシャンシャンです。

       

      スペインでヒットしたらしいですが、この程度では満足できませんね。

       

      とにかく、なんの捻りもないラストが作品を台無しにしてしまいましたね。しょんぼり

       

      ハラハラドキドキ感も足りないし。

       

       

      今回は5点満点で3.4点でした。

       

       

       

      寄ったついでにクリックしてね!
      にほんブログ村

      BlogPeople
      BlogPeople

      posted by: ぴーちゃん | 映画 アクション | 11:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      サバイバル映画『ロスト・バケーション』
      0

         

        サメとの一騎打ちが繰り広げられるサバイバルアクション映画『ロスト・バケーション』を観てみました。

        痛々しいシーン満載なのでしょうか.....

         

         

        <あらすじ>

         

        サーファーで医者のナンシーは、休暇で秘境のビーチにやって来た。

        時を忘れ、日が暮れるまでサーフィンを楽しんだナンシーは、海中で突然何かにアタックされ、足を負傷してしまう。

         

        なんとか近くの岩場にたどり着いたナンシーは、岩の周囲を旋回するどう猛で危険な存在が自分を狙っていることに気がつく。

         

        岩場から海岸までの距離はわずか200メートルだが、時間とともに潮が満ち、海面が上昇。足下の岩場が沈むまでの時間は、わずか100分しか残っていなかった。

        <映画.com>

         

         

        ロストバケーション 2016年 アメリカ映画

         

         監督 ジャウム・コレット=セラ

         

         出演 ブレイク・ライブリー

            (サーファーのナンシー)

         

            凶暴なサメ

         

         

         

         

         

         

         

         

        感想です。

         

        サメとナイスボディー美女とのワン・シチュエーシォン映画を堪能いたしました。(堪能は言いすぎか?)

         

        色々とツッコミどころはあるものの、結構楽しませていただきました。

         

        90分弱と、コンパクトに纏まっていて宜しいかと思います。グッド

         

        ハラハラドキドキ感には少し欠けますが、飽きることもないので、Niceです。

        苦悩を共にしたカモメちゃん?良かったね。

         

        ところで、アメリカでは年間に多数映画が制作されますが、元は取れるのかな !? この映画もね。

         

         

         

        寄ったついでにクリックしてね!
        にほんブログ村

        BlogPeople
        BlogPeople

         

        posted by: ぴーちゃん | 映画 アクション | 13:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        映画『SPI/スパイ』
        0

           

          コメディーとは知らずに観てしまったアクション映画『SPI/スパイ』の感想です。銃

           

           

          ジェイソン・ステイサムやジュード・ロウが出演していたので、正統派のスパイ映画かと思っていましたが、オープニングから007のパクリみたいな出だしで、何やら怪しい雰囲気が....

           

          おでぶなCIA分析官スーザン(メリッサ・マッカーシー)が出てきて、やばい感じに、コテコテまでは行きませんが、コテなアクション満載でそこそこ楽しめます。

          特にスーザンが捜査官となって潜入捜査をしだすと拍車がかかります。

           

          ストーリーは置いといて、会話やコテなアクションを楽しめましたので、まあまあかなウィンク

           

          『Mr.ビーン』シリーズのローワン・アトキンソン主演による『ジョニー・イングリッシュ/気休めの報酬』は、かなりコテコテでしたけどね。

           

           

           

          <あらすじ>

           

          CIAの分析官として働くスーザンは、ワシントンD.C.にあるオフィスから現場の状況を分析し、パートナー捜査官のファインをサポートしていた。

           

          ある日、ファインは核爆弾の隠し場所を知る男ボヤノフを、誤って射殺してしまう。CIAはボヤノフの娘レイナが核爆弾の行方を知っていると考えファインを送り込むが、ファインはレイナによって撃ち殺されてしまう。

           

          レイナがテロリストに核爆弾を売ろうとしていること、そしてCIA捜査官のデータを握っていることを知ったスーザンは、自ら現場捜査官に志願。凄腕捜査官のリックと共に現場に潜り込むが....

           

          <映画.com>

           

           

           

          スパイ 2015年 アメリカ映画

           

           監督 ポール・フェイグ

           

           出演 メリッサ・マッカーシー(CIA分析官スーザン)

           

              ジェイソン・ステイサム(CIA捜査官リック)

           

              ジュード・ロウ(CIA捜査官ファイン)
           

           

          今回は5点満点で3.5点でした。

           

           

          寄ったついでにクリックしてね!
          にほんブログ村

          BlogPeople
          BlogPeople

          posted by: ぴーちゃん | 映画 アクション | 17:25 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
          映画『007 スペクター』
          0


            007シリーズ第24作目となる『007 スペクター』を観てみました。銃

            どんなアクションが待ち受けているのでしょうか.....

            ボンドガールはイタリア・フランスの2人の美女、こちらも楽しみです。


            <あらすじ>

            ボンド(ダニエル・クレイグ)は、少年時代の思い出が詰まった生家“スカイフォール”で焼け残った写真を受け取る。

            彼はM(レイフ・ファインズ)が止めるのも無視して、その写真の謎を解き明かすため単身メキシコとローマを訪れる。

            死んだ犯罪者の妻ルチア(モニカ・ベルッチ)と滞在先で巡り合ったボンドは、悪の組織スペクターの存在を確信する。

             

            <シネマトゥデイ>

             




            スペクター 2015年製作 イギリス/アメリカ

             監督 サム・メンデス

             出演 ダニエル・クレイグ(ボンド)

                クリストフ・ヴァルツ(スペクターのボス)

                レア・セドゥ(マドレーヌ)

                モニカ・ベルッチ(ルチア)

                レイフ・ファインズ(M)

             

             


            感想です。

            ダニエル・クレイグのボンドはカッコよく、女性陣はスタイル抜群でgoodです。
             

            内容はボンドが人生を辿る終着点の位置づけとなる作品なのでしょうが、前作のスカイフォールに比べるといまいちかなしょんぼり

             

            ど派手なんですが特に斬新なアクションがあるわけでもなく、テンポも少し遅いので、たたみかけてくる感じが希薄な気がします。

             

            スペクターの描き方も、もうひと工夫あってもよかったような.....もっと手強く。

             

             

            今回は5点満点で3.5点でした。

             

             

             

            寄ったついでにクリックしてね!
            にほんブログ村

            BlogPeople
            BlogPeople

            posted by: ぴーちゃん | 映画 アクション | 17:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            スパイアクション映画『キングスマン』
            0

              「英国王のスピーチ」のコリン・ファース主演のスパイアクション映画『キングスマン』を観てみました。

              切れ味のいいアクションに期待です。



              <あらすじ>

              ブリティッシュスーツを華麗に着こなし、スパイ組織「キングスマン」の一員として活動しているハリー。

              ある日、組織の一員が何者かに殺されてしまい、その代わりに新人をスカウトすることになる。ハリーは、かつて命を助けてもらった恩人の息子で、密かにその成長を見守っていたエグジーをキングスマンの候補生に抜擢する。

              一方その頃、頻発する科学者の失踪事件の首謀者ヴァレンタインが、前代未聞の人類抹殺計画を企てていた。
               
              <映画.com>


              キングスマン 
               2014年製作 イギリス映画

               監督 マシュー・ヴォーン

               出演 コリン・ファース(ハリー)

                  マイケル・ケイン(アーサー)

                  タロン・エガートン(エグジー)

                  サミュエル・L・ジャクソン


               感想です。

              切れ味のいいアクションが炸裂していましたし、コリン・ファースが強いです。 goodですね。パンチ

              でも、途中で一撃を食らってしまい、あれあれ.... これ以上は言えません。


              話のテンポも良くサクサクと観れますし、アクションのカメラワークなんかも良いですね。グッド
              むずかしいことは考えず、とにかく楽しんでみましょう。

              次回もありそうなので、期待して待ってます。



              今回は5点満点で3.7点でした。



              寄ったついでにクリックしてね!
              にほんブログ村

              BlogPeople
              BlogPeople
              posted by: ぴーちゃん | 映画 アクション | 17:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              映画『ラン・オールナイト』
              0

                リーアム・ニーソンの最近の十八番でもあるノンストップアクション、今回は『ラン・オールナイト』の鑑賞です。

                どんな、強い男でしょうか。パンチ

                 
                <あらすじ>

                ブルックリンのマフィアのもとで暗躍するすご腕の殺し屋ジミー・コンロン(リーアム・ニーソン)は、命を狙われた息子を救うため相手を亡き者にする。

                ところが相手がマフィアのボスで親友ショーン(エド・ハリス)の息子だったため、復讐に燃えるショーンはジミーと彼の息子を殺すことを宣言。

                ジミー父子は、組織や金で買われた警察が包囲網を張り巡らせたニューヨークで、迫り来る追手を必死に振り切ろうとするが.....
                 
                <シネマトゥデイ>



                ランオールナイト 2015年 アメリカ

                 監督 ジャウム・コレット=セラ

                 出演 リーアム・ニーソン(殺し屋 ジミー)

                    ジョエル・キナマン(ジミーの息子 マイク)

                    エド・ハリス(マフィアのボス ショーン)







                結構面白かったですね。グッド

                一晩の逃走劇にマフィア・警察・家族などをギュギュと盛り込み、テンポ良く進んでいきます。

                派手ではないけど、アクションもそこそこ良かったですよ。GO! それにヒューマンドラマの要素もね。 

                それと、マフィアのボス役のエド・ハリスが渋いです。

                いままで観たリーアム・ニーソンの作品はハズレがなく、今回も同様でした。拍手


                ということで、さほど期待していなかった分、満足度は高くなりました。

                今回は5点満点で3.6点でした。


                寄ったついでにクリックしてね!
                にほんブログ村

                BlogPeople
                BlogPeople
                posted by: ぴーちゃん | 映画 アクション | 16:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                映画『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』
                0

                  スカットと猛暑を吹き飛ばすべく『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』を川崎のチネチッタで鑑賞です。

                  でも、ここんところ涼しいですけどね。

                  トム・クルーズの体を張ったアクションに期待です。!!

                  監督・脚本は「ユージュアル・サスペクツ」の脚本で、数多くの賞を受賞したクリストファー・マッカリーなので、こちらにも期待してみます。



                  <あらすじ>

                  イーサン・ハントと彼のチーム“IMF”は、各国の元エリート・スパイたちによって結成され、国際的な陰謀をめぐらす謎の組織“シンジケート”を追っていた。

                  しかしその矢先、IMFはCIA長官によって解散を命じられ、メンバーはバラバラに。

                  その後、単身でシンジケートの実体解明を進めていたイーサンは囚われの身となってしまう。
                  その窮地を救ったのは、なんと敵側のスパイと思われた謎の美女イルサだった。

                  やがて秘かにベンジーらチームのメンバーを再集結したイーサンは、敵か味方か分からないイルサをも、その能力を買ってチームに加えると、シンジケートを壊滅すべく史上最大の不可能ミッションに挑むのだったが.....
                   
                  <allcinema>


                  ローグ・ネイション 2015年 アメリカ映画

                   監督 クリストファー・マッカリー

                   出演 トム・クルーズ(イーサン IMF)

                      ジェレミー・レナー(ウィリアム IMF)

                      サイモン・ペッグ(ベンジー IMF)

                      ビング・レイムス(ルーサー IMF)

                      レベッカ・ファーガソン(イルサ 諜報部員)


                  (C)2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.


                   感想です。

                  期待した脚本はイマイチでしたが、体を張ったトムのアクション、諜報部員レベッカのアクション、goodでカッコ良いです。グッド

                  この作品はこれでいいです。 が、更に脚本がこなれればもっと良くなるのに.....

                  毎回々奇抜なアクションを繰り出している作品ですが、今後はどのように展開していくのか、007を超えるのか? もう超えたのか。

                  期待は膨らみます。


                  そんなことで、今回は5点満点で3.85点でした。


                  寄ったついでにクリックしてね!
                  にほんブログ村

                  BlogPeople
                  BlogPeople
                  posted by: ぴーちゃん | 映画 アクション | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  映画『3時10分、決断のとき』 久々に西部劇を観ました。
                  0

                    毎日、暑い晴れ、しんどい冷や汗です。

                    さらに暑くなりそうですが.....

                    1957年公開の西部劇『決断の3時10分』をリメイクした映画『3時10分、決断のとき』を観てみました。

                    主演はラッセル・クロウ、クリスチャン・ベイルです。

                    久々の西部劇ですが、いかがでしょうか.....



                    <あらすじ>

                    かつては狙撃の名手だったが、南北戦争で片足を負傷し不自由となったダン・エヴァンス(クリスチャン・ベイル)。
                    彼は妻と2人の息子と共に、アリゾナで小さな牧場を営みながら暮らしていた。しかし干ばつが続き、借金がかさんで生活は苦しくなる一方だった。

                    そんなある日、町へ向かったダンは、早撃ちで鳴らした強盗団のボス、ベン・ウェイド(ラッセル・クロウ)が保安官にあっけなく捕まる現場に居合わせる。

                    ウェイドは裁判所のあるユマへ連行されることが決まるが、そのためにはユマ行きの列車が出発する3日後の午後3時10分までに遠く離れたコンテンションの駅に送り届けなければならない。

                    道中はウェイドの手下をはじめ様々な危険が予想された。それでもダンは報酬目当てに護送役に名乗りを上げ、護送団の一員として過酷な任務に旅立つのだったが.....
                     
                    <allcinema>


                      2007年 3時10分アメリカ映画

                     監督 ジェームズ・マンゴールド

                     出演 ラッセル・クロウ(強盗団のボス、ベン)

                        クリスチャン・ベイル(牧場主、ダン)

                        ベン・フォスター(強盗団の手下、チャーリー)

                        ピーター・フォンダ(賞金稼ぎ、バイロン)





                    西部劇は、やはり男臭さがムンムン漂います。銃

                    わずかな人数で、強盗団のボスを護送するのですが、護送団の対応が甘いので、逃げられたり、逆にやられたりで、少し学習してくれ!
                     
                    ダン(クリスチャン・ベイル)とベン(ラッセル・クロウ)との駆け引きや心の変化、ダンと息子との関係、それにガン・アクションと、テンポ良く進みます。

                    そして最後にベンのとった行動とは.....

                    久々の西部劇でしたが、楽しめました。goodです。グッド


                    今回は5点満点で3.8点でした。


                    寄ったついでにクリックしてね!
                    にほんブログ村

                    BlogPeople
                    BlogPeople
                    posted by: ぴーちゃん | 映画 アクション | 12:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    フランス映画『96時間』
                    0

                      今回もリーアム・ニーソン主演の映画を観てみました。

                      リュック・ベッソン製作・脚本のノンストップ・アクション映画『96時間』の鑑賞です。


                      <あらすじ>

                      17歳のアメリカ人少女キム(マギー・グレイス)が、初めての海外旅行で訪れたパリで何者かに誘拐される。

                      その事件のさなかにキムと携帯電話で話していた父ブライアン(リーアム・ニーソン)は、自らの手で犯人たちから娘を奪還しようと決意。

                      アルバニア系の人身売買組織だと判明した犯人一味のもとへ単身で乗り込む....
                       
                      <シネマトゥデイ>



                      96時間 2008年製作 フランス・アメリカ

                       監督 ピエール・モレル

                       出演 リーアム・ニーソン
                          (元工作員ブライアン)

                          マギー・グレイス
                          (ブライアンの娘キム)

                          ファムケ・ヤンセン
                          (ブライアンの元妻レノーア)   




                      リュック・ベッソン製作・脚本だけに、スピーディーな展開でグングンたたみかけてきます。

                      娘を奪還するためには手段を選ばない父ブライアン(リーアム・ニーソン)が気持ちがいい位、強〜いです。パンチ

                      話の筋もシンプルでコンパクトにまとまっていて、サクサク見れちゃいますし、リーアム・ニーソンのキャラクターも良かったです。Good!グッド


                      2作目、3作目が作られていますが、たぶん同じような展開でしょうからもういいかな....
                      1作目で、もうお腹いっぱいと言ったところです。


                      今回は5点満点で3.8点でした。



                      寄ったついでにクリックしてね!
                      にほんブログ村

                      BlogPeople
                      BlogPeople
                      posted by: ぴーちゃん | 映画 アクション | 12:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |