Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
時刻


にほんブログ村
寄ったついでにクリックしてね!
おすすめ映画
BlogPeople
寄ったついでにクリックして下さい!

Category
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
レバノン映画『判決、ふたつの希望』
0

     

    今回は初のレバノン映画『判決、ふたつの希望』の鑑賞です。

     

    ふたりの男の些細な口論から、国をも巻き込む争いとなる事の顛末は.....

     

     

    <あらすじ>

     

    レバノンの首都ベイルート。自動車修理工場を営む、キリスト教徒のレバノン人トニー(アデル・カラム)と、住宅補修の現場で働くパレスチナ難民のヤーセル(カメル・エル=バシャ)。そんな二人の間に起きた些細な口論が、ある侮辱的な言動をきっかけに法廷へと持ち込まれる。両者の弁護士が論戦を繰り広げるなか、メディアはこの衝突を大々的に報道。事態は国全土を巻き込む騒乱へと発展していく.....

    <Movie Walker>

     

     

     

    判決 21017年製作 レバノン/フランス合作

     

     監督 ジアド・ドゥエイリ

     

     出演 アデル・カラム(原告トニー)

     

        カメル・エル=バシャ(被告ヤーセル)

     

        リタ・ハーエク(トニーの妻)

     

        クリスティーン・シュウェイリー(ヤーセルの妻)
     

     

    感想です。

     

    脚本も良く出来ていて、役者さんの演技も良く、満足のいく内容でした。

     

    法廷での二転三転するやり取りや、トニーとヤーセルの心情が上手く描かれていたと思います。

     

    レバノンやパレスチナの事を事前に勉強していれば、もっと背景を理解することができたのに.... これからでも遅くはない、勉強しましょう。

     

    ヤーセル役のカメル・エル=バシャはパレスチナ人として初めて第74回ベネチア国際映画祭最優秀男優賞を受賞しました。

     

     

    今回は5点満点で3.8点でした。

     

     

     

    寄ったついでにクリックしてね!
    にほんブログ村

    BlogPeople
    BlogPeople

    posted by: ぴーちゃん | 映画 ヒューマンドラマ | 13:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    クライム・サスペンス映画『ザ・インターセクションズ』
    0

       

      クライム・サスペンス映画『ザ・インターセクションズ』の鑑賞です。

       

      並行するように物語が描かれる作品の妙を、味わうことは出来るでしょうか。

       

       

      <あらすじ>

       

      青年ハーパーは、継父のヴィンセントと母親が乗った車が事故を起こし、母親がこん睡状態になってしまったことから、ヴィンセントに恨みを抱いていた。そんなある時、酒場で出会ったアウトローのジョニーに、ヴィンセントを殺してくれたら2万ドルを払うと約束するが……。ジョニーがハーパーの依頼を引き受けた世界と、引き受けなかった世界の2つの平行した物語が描かれていき、それらがやがて1つの物語に収束していく。

      <映画.com>

       

       

       

      ザ・インターセクションズ 2016年製作 イギリス/南アフリカ

       

       監督 クリストファー・スミス

       

       出演 タイ・シェリダン(青年ハーパー)

       

          スティーヴン・モイヤー(継父ヴィンセント)

       

          ベル・パウリー(ダンサーのチェリー)

       

          エモリー・コーエン(チェリーの彼氏ジョニー)
       

       

      感想です。

       

      ふたつの物語が並行して展開したり、時間を行ったり来たりの少し凝った構成になっています。

       

      もう少しハラハラドキドキ感があっても良かったような気もしますが、あっさり気味な感じでした。

       

      結局流れの筋は一本道で変わらないと言う事なんですが、撮り方で面白く見せるのは良かったです。

       

      パーパーとチェリーお二人さん、幸せにね。

       

       

      今回は5点満点で3点でした。

       

       

       

      寄ったついでにクリックしてね!
      にほんブログ村

      BlogPeople
      BlogPeople

      posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 12:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      SFスリラー映画『ライフ』
      0

         

        ゴールデンウィークは今日で最終日ですが、映画はちょこっと見てました。

         

        国際宇宙ステーション内で繰り広げられるSFスリラー映画『ライフ』の鑑賞です。日本人クルー役で真田広之が出演しています。

         

         

        <あらすじ>

         

        火星で未知の生命体の細胞が採取され、世界各国から集められた6人の宇宙飛行士が国際宇宙ステーションで極秘調査を開始した。しかし、生命体は次第に進化・成長して宇宙飛行士たちを襲いはじめる。高い知能を持つ生命体を前に宇宙飛行士たちの関係も狂い出し、ついには命を落とす者まで現われる。

        <映画.com>

         

         

         

        ライフ 2017年製作 アメリカ映画

         

         監督 ダニエル・エスピノーサ

         

         出演 ジェイク・ギレンホール(医師)

         

            レベッカ・ファーガソン(検疫官)

         

            ライアン・レイノルズ(航空エンジニア)

         

            真田広之(システムエンジニア)
         

         

        感想です。

         

        SFスリラー映画の傑作と言えば『エイリアン』がありますが、比較されるのは覚悟の上なんでしょうね。衝撃度は遥かにに及ばないものの、宇宙ステーション内はリアルに描かれていますし、プチな衝撃は味わうことができます。

         

        ラストに衝撃を、と言うことなんでしょうけど、比較されてしまうのでこうするしかなかったんでしょうね。それでも一気に観れてそこそこ楽しめましたので、良かったと思います。

         

         

        今回は5点満点で3.3点でした。

         

         

         

        寄ったついでにクリックしてね!
        にほんブログ村

        BlogPeople
        BlogPeople

        posted by: ぴーちゃん | 映画 SF | 17:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |