Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
時刻


にほんブログ村
寄ったついでにクリックしてね!
おすすめ映画
BlogPeople
寄ったついでにクリックして下さい!

Category
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
サスペンス・スリラー映画『マローボーン家の掟』
0

     

    マローボーン家の4人の兄妹に隠された掟とは何なのか、こんな感じのサスペンス・スリラー映画『マローボーン家の掟』の鑑賞です。

     

     

    <あらすじ>

    母と4人の子供たちは、イギリスから母の生家であるアメリカのマローボーン屋敷に移住してきた。やがて母が亡くなり、残された4人の兄妹は母の遺言である掟を守りながらひっそりと暮らしていた。しかし、ある男が現れた時から彼らに不気味な出来事が起こり、そして彼らの運命を.....

     

     

     

    マローボーン 2017年製作 スペイン/アメリカ

     

     監督 セルヒオ・G・サンチェス

     

     出演 ジョージ・マッケイ(兄 ジャック)

     

        アニャ・テイラー=ジョイ(恋人 アリー)

     

        チャーリー・ヒートン(弟 ビリー)

     

        ミア・ゴス(妹 ジェーン)

     

        マシュー・スタッグ(弟 サム)
     

     

     

    感想です。

     

    ミステリアスな展開でグイグイと引っ張っていきますし、ジャックとアリーの恋愛も交えて好感の持てる作品作りとなっています。

     

    伏線を貼ってありますので、勘のいい方はラストのオチに気づくかもしれませんね。私は気づきませんでしたけど。

     

    細かいところの描き方を少し端折った感じはありましたが、まぁー良しといたします。

     

     

    今回はプチ満足で5点満点で3.6点でした。

     

     

     

    寄ったついでにクリックしてね!
    にほんブログ村

    BlogPeople
    BlogPeople

    posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 13:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    潜水艦アクション映画『ハンターキラー』
    0

       

      アメリカとロシアの息詰まる攻防を描いた潜水艦アクション映画『ハンターキラー』の鑑賞です。

       

       

      <あらすじ>

      ジョー・グラス(ジェラルド・バトラー)が艦長を務めるアメリカ海軍の攻撃型原子力潜水艦ハンターキラーに、ロシア近海で行方不明になった同海軍原潜の捜索命令が下る。やがてハンターキラーは、沈没したロシア海軍の原潜を発見し、生存していた艦長を捕虜として拘束する。さらに、ロシアで極秘偵察任務にあたるネイビーシールズが、世界の命運を左右する巨大な陰謀をつかむ。それを受けてハンターキラーは、敵だらけのロシア海域に潜航する。

      <シネマトゥデイ>

       

       

       

      ハンターキラー 2018年製作 イギリス映画

       

       監督 ドノヴァン・マーシュ

       

       出演 ジェラルド・バトラー(ハンターキラー艦長)

       

          ゲイリー・オールドマン(統合参謀本部議長)

       

          コモン(アメリカ海軍少将)

       

          ミカエル・ニクヴィスト(ロシア潜水艦艦長)


       

       

      感想です。

       

      潜水艦アクション映画と言えば「U・ボート」「レッド・オクトーバーを追え」「クリムゾン・タイド」がすぐに思い浮かびます。

      そして潜水艦内の息詰まる攻防が醍醐味です。

       

      さて今回の作品はいかがなものか。

       

      ロシア軍人のクーデターを絡めての息詰まる展開は最後までハラハラさせてくれますが、息詰まるまではどうかなと言う感じです。ちょっと都合が良い展開もあったりしますので。

       

      それでも”潜水艦ものにハズレが少ない”は証明してくれましたので、まずまずでした。

       

       

      今回は5点満点で3.4点でした。

       

       

       

      寄ったついでにクリックしてね!
      にほんブログ村

      BlogPeople
      BlogPeople

      posted by: ぴーちゃん | 映画 アクション | 16:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      マーベル ヒロイン 映画『キャプテン・マーベル』
      0

         

        アベンジャーズ結成前の物語『キャプテン・マーベル』を観て、スカッと致しましょう。

         

        ヒロイン「キャプテン・マーベル」の誕生秘話や活躍を見届けます。

         

         

        <あらすじ>

        1995年、ロサンゼルスのビデオショップに、突然正体不明の女性(ブリー・ラーソン)が空から降ってくる。彼女には驚くべきパワーが備わっていたが、全く覚えていない“記憶”がフラッシュバックすることが悩みだった。その記憶にはある秘密が隠されており、それを狙う敵がいた。彼女は、後にアベンジャーズを結成するニック・フューリーと共に戦いに身を投じることになる。

        <シネマトゥデイ>

         

         

        キャプテン・マーベル 2019年製作 アメリカ映画

         

         監督 アンナ・ボーデン / ライアン・フレック

         

         出演 ブリー・ラーソン(キャプテン・マーベル)

         

            サミュエル・L・ジャクソン

                    (SHIELDのエージェント)

         

            ベン・メンデルソーン(スクラル人)

         

            ジュード・ロウ(クリー人)

         

         

        感想です。

         

        他のシリーズとの関連性があるので、見た顔やキャラクターが出て来ていましたね。

         

        ストリー展開やアクションもテンポよく、掴みはOK、満足のいく内容でした。それにしてもキャプテン・マーベルが強いです。気持ちいいです。goodです!

         

        遅くなりましたが、これで次はいよいよ「アベンジャーズ/エンドゲーム」へと進んでみます。

         

         

        今回は5点満点で3.5点でした。

         

         

         

        寄ったついでにクリックしてね!
        にほんブログ村

        BlogPeople
        BlogPeople

        posted by: ぴーちゃん | 映画 アクション | 15:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |