Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
時刻


不動産賃貸売買情報!
若松不動産商事
仲介手数料最大無料!
仲介手数料最大無料
ぴーさんの部屋紹介
大田区の賃貸マンション
動物ブログ
☆ ブログ ~亀バカ日誌~

にほんブログ村
寄ったついでにクリックしてね!
おすすめ映画
BlogPeople
寄ったついでにクリックして下さい!

Category
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
映画『人生はシネマティック!』
0

     

    第二次世界大戦下のロンドンで映画製作に奔走する女性脚本家を描いたイギリス映画『人生はシネマティック!』を鑑賞しました。

     

    タイトルに期待です。

     

     

    <あらすじ>

     

    1940年、第二次世界大戦下のロンドン。コピーライターの秘書として働いていたカトリン(ジェマ・アータートン)は、人手不足のため代わりにコピーを書いたところ、情報省映画局特別顧問のバックリーの目に留まる。そして、フランス・ダンケルクでドイツ軍の包囲網から兵士を救出した双子の姉妹の感動秘話を描き国民の士気を高めようとする新作映画の脚本陣に加入することに。しかしベテラン俳優のわがままや、政府や軍部からの横やりなどにより脚本は二転三転。それでも困難を乗り越え撮影も大詰めを迎えた頃、カトリンたちに最大級のトラブルが起こる。

     

    <Movie Walker>

     

     

    人生はシネマティック 2016年製作 イギリス映画

     

     監督 ロネ・ジェルフィグ

     

     出演 ジェマ・アータートン(女性脚本家カトリン)

     

        サム・クラフリン(トム)

     

        ビル・ナイ(アンブローズ)

     

        ジャック・ヒューストン(エリス)  
     

     

    感想です。

     

    タイトルに惹かれて観てみましたが、物語の展開に起伏が乏しく、イマイチでした。

     

    劇中の誰だったか脚本が大事だと言っていたのに、その脚本がね....

     

    取って付けた様な展開で心に刺さらない、映画を観た後に、映画ってほんとにいいよね〜と言わせてくれると期待したのに、重ね重ね残念でした。

     

     

    手厳しくなりましたけど、期待が大きかった分、今回は赤点です。

     

     

     

    寄ったついでにクリックしてね!
    にほんブログ村

    BlogPeople
    BlogPeople

    posted by: ぴーちゃん | 映画 ヒューマンドラマ | 21:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    ミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』
    0

       

      「ラ・ラ・ランド」「美女と野獣」の製作メンバーが参加し、ヒュー・ジャックマンの主演でお贈りするミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』を見てみました。

       

      実在の興行師P・T・バーナムの半生を描いた作品はどんな感じか、ミュージカルは好きなので楽しみです。

       

       

      <あらすじ>

       

      貧しい家に生まれ育ち、幼なじみの名家の令嬢チャリティと結婚したフィニアス。妻子を幸せにするため努力と挑戦を重ねるフィニアスはやがて、さまざまな個性をもちながらも日陰に生きてきた人々を集めた誰も見たことがないショーを作り上げ、大きな成功をつかむ。しかし、そんな彼の進む先には大きな波乱が待ち受けていた.....

       

      <映画.com>

       

       

      グレイテストショーマン 2017年製作 アメリカ映画

       

       監督 マイケル・グレイシー

       

       出演 ヒュー・ジャックマン(P・T・バーナム)

       

          ザック・エフロン(フィリップ)

       

          ミッシェル・ウィリアムズ(バーナムの妻)

       

          レベッカ・ファーガソン(歌手ジェニー)

       

          ゼンデイヤ(アン)
       

       

      感想です。

       

      急ぎ足な感じはしますが、歌と踊りを楽しみながらサクサクと見れます。

       

      もう少し人物を掘り下げてエピソードを絡めた方がイイかな、と思ったりしますが、ま〜あいいか。

       

      ヒュー・ジャックマンは中々の芸達者でgoodですね。

       

      ミュージカルを見る度に、歌って踊れる才能のある人が羨ましく思います。

       

      ミュージカルってほんとにいいですね。

       

       

      ちなみに、お気に入りのミュージカル映画は「ウエスト・サイド物語」です。

       

       

       

      今回は5点満点で3.8点でした。

       

       

       

      寄ったついでにクリックしてね!
      にほんブログ村

      BlogPeople
      BlogPeople

      posted by: ぴーちゃん | 映画 ミュージカル | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      映画『ユージュアル・ネイバー』
      0

         

        DVDのジャケットがミステリアスな感じだったので借りてみました。映画『ユージュアル・ネイバー』の鑑賞です。

         

         

        <あらすじ>

         

        両親を亡くし、祖父母の家に引き取られた少女メリアン。転校先の学校に馴染めず孤独な日々を送っていた彼女は、近所の家に住む車椅子の少年アンディと親しくなる。しかし医者であるアンディの母キャサリンは、なぜかメリアンの存在を快く思っていない様子。やがてメリアンは、彼らに関する驚きの事実にたどり着く。

         

        <映画.com>

         

         

        ユージュアル・ネイバー 2013年製作 アメリカ映画

         

         監督 ジョン・マクノートン

         

         出演 サマンサ・モートン(アンディの母)

         

            マイケル・シャノン(アンディの父)

         

            チャーリー・ターハン(少年アンディ)

         

            ナターシャ・カリス(少女メリアン)

         

            ピーター・フォンダ(メリアンの祖父)
         

         

        感想です。

         

        監督が「ワイルドシングス」のジョン・マクノートンでしたので、二転三転とめまぐるしい展開になると思いきや、想定内の展開に収まってしまいました。

         

        母親の歪んだ愛情が狂気に走ります。

        また母親役のサマンサ・モートンのヒステリックな演技がこの狂気に拍車をかけます。びっくり

         

        父親の方は淡々と妻に従いますが、陰で浮気なんぞしてしまいます。

         

        前半がヒューマンドラマのノリなので、あれ〜と言う感じで退屈してしまいましたが、後半に母親の態度が一変してからは勢いが出てきます。

         

        真実に迫る過程がもっとミステリアスで、真実が分かった後の展開にもっとインパクトがあれば良かったのにね。

         

        ラストはめでたし、めだたしで締めくくりです。

         

        懐かしいピーター・フォンダが祖父役で出演していました。おじいちゃんになってもカッコイイです。

         

         

        今回は5点満点で3.2点でした。

         

         

         

        寄ったついでにクリックしてね!
        にほんブログ村

        BlogPeople
        BlogPeople

        posted by: ぴーちゃん | 映画サスペンス・ミステリー | 17:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |